辛くも

全て 副詞
745 の用例 (0.01 秒)
  • でもわたしは辛くもかれらの手から逃げ、この沼地に身を隠したのです。 エディングス『ベルガリアード物語4 魔術師の城塞』より引用
  • 甘くもないし、辛くもないし、なんでもない味なものだから好きなんだ。 太宰治『彼は昔の彼ならず』より引用
  • イラクはアメリカを含む国際社会の助けで辛くも勝利した形となった。
  • その音で二人の者は辛くも事件を発見して、左右から私の腕を執つた。 牧野信一『天狗洞食客記』より引用
  • しかし私は気力と生きることの喜びとによって辛くも力を保っていた。 ヘディン/岩村忍訳『中央アジア探検記』より引用
  • 潜門くぐりもんの板屋根にはせた柳がからくも若芽の緑をつけた枝をたらしている。 永井荷風『すみだ川』より引用
  • その時はからくも逃げられたが、まだ校内に留まっている可能性はある。 水戸泉『ヴァンパイア・プリンセス』より引用
  • そのようにしてこれまでの人生を彼女は辛くも生き延びてきた。 恩田陸『ライオンハート』より引用
  • ヘンデルの服に付いていた大きなボタンのおかげで辛くも命が助かったという。
  • そうした混乱にもかかわらず、かくも多くの諸君が辛くもこの学科の。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 06a ハリー・ポッターと謎のプリンス(上)』より引用
  • 母は、私を待って、その時まで終るべき命を辛くも堪えていたように見えた。 宮本百合子『母』より引用
  • 一時はローマの市内での戦闘になり、彼はこれを辛くも撃退する。
  • 彼の顔を見、彼と話をすることは、ある意味で辛くもあった。 綾辻行人『殺人方程式 切断された死体の問題』より引用
  • その力が現代日本を辛くも結んでゐると僕は思ふ。 吉川英治『折々の記』より引用
  • なかには傾きかかったままで、破れた壁がからくも支えられているのもある。 岡本綺堂『綺堂むかし語り』より引用
  • 辛くも、滑走路上で停止したが、乗客はしばらく機内で待機させられた。
  • 朴正煕は辛くも勝利したが、民主主義回復を求める金大中に危機感を覚えた。
  • 辛くも脱出した「探偵」は、このままでは済まさないと、調査を開始する。
  • こっちの勝ち数が二、三田村学園が一で、辛くも福岡南が準決勝進出を決めた。 誉田哲也『武士道セブンティーン』より引用
  • この戦いで村上方は辛くも勝利し武田勢を敗走させるも、清尚は討ち死にした。
  • 次へ »