辛い

全て 形容詞
6,050 の用例 (0.01 秒)
  • 彼女のことを嫌いになって別れたわけじゃないのでそれはつらかったです。 内田春菊『ぬけぬけと男でいよう』より引用
  • 御米には自分と子供とを連想して考えるほどつらい事はなかったのである。 夏目漱石『門』より引用
  • 心の中に深い傷が残されているんじゃないかと思うと、とても辛かった。 尾崎豊『黄昏ゆく街で』より引用
  • 人との交流を大事にする人ほど、辛く感じる時代になっていったのです。 岩月謙司『女は男のどこを見ているか』より引用
  • 私が一番辛い事に思ってる事は両親になつかれないって云う事なんです。 宮本百合子『千世子(三)』より引用
  • 日本語がわかる人がいないために点数が辛くなったこともあったという。
  • そこにずっとそのまま住めないことが親が死んだことより辛い気がした。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 幻の声』より引用
  • また、韓国人と会う機会も話す機会もほとんどなかったこともつらかった。 呉善花『スカートの風』より引用
  • その為に、この頃誰よりも辛い思ひを嘗めさせられるのは彼の妻だつた。 牧野信一『F村での春』より引用
  • だが誰一人その姿に注目しているものは居ないというのがやはり辛い。 九条公人『機動戦艦ナデシコ ルリとアキト熱愛編』より引用
  • 私はこのレストランではあまり辛くない方だというチキン料理を頼んだ。 森瑤子『終りの美学』より引用
  • 元気だったものが元気じゃなくなっていく過程を見るのはつらいものだ。 谷川流『涼宮ハルヒの憤慨』より引用
  • 信夫が死んで以後、そこは辛いだけの場所になっていたのかもしれない。 小野不由美『黒祠の島』より引用
  • さてどちらが辛くどちらが楽かと聞かれても、すぐには返答ができない。 岩井志麻子『岡山女』より引用
  • それに兄が婚約して、彼女は家に居辛くなるという事情もあったらしい。 結城昌治『修羅の匂い』より引用
  • ぼくが辛くてたまらなかったときに、遠子先輩はいつも側にいてくれた。 野村美月『文学少女シリーズ07 “文学少女”と神に臨む作家 上』より引用
  • 彼女は少女時代にさえ、つらい思いを重ね過ぎて来たと彼の心に波を立てた。 堀田あけみ『愛をする人』より引用
  • 彼女につらかったこの生活に、今では何かしら別なものが加わって来ていた。 レニエ『燃え上る青春』より引用
  • 博士も来ないかと誘われたがこの歳であの上り坂の森を進むのは辛い。 むぅ『「花火」 ~いつか果たされる約束~』より引用
  • そしてキクが落胆する顔を見て、二重にも三重にもつらくなってくるのだ。 群ようこ『飢え』より引用
  • 次へ »