載せるようになり

11 の用例 (0.00 秒)
  • その3年後には小説の執筆を再開して同人誌に作品を載せるようになった。
  • 南部の新聞数紙がブラックバーンの奉仕について記事を載せるようになっていった。
  • 戦後は主に金時豆で作られるようになり、冷蔵庫の普及と共にかき氷を載せるようになった。
  • 後発の小新聞の方が大新聞より売れたので、大新聞も小新聞的記事を載せるようになり、小新聞も社会状況に遅れないよう論説などの記事を充実させたため、両者は次第に近付き、呼び分けも消滅した。
  • 後の統計は集計値の他に推計値を載せるようになり、1920年の第1回国勢調査まで、この誤差問題は次第に大きくなっていった。
  • この回から番組はリニューアルされ、古田は衣装を変え「MANNINGEN王子」としての位置づけにし、セットは当初からある番組キャラクターを模った天秤以外はほぼ全て無くなっていて、背景は番組ロゴを張った壁のみになり、そこに選択のテロップを載せるようになった。
  • しかし、番付表の作成に当たっては慣例として、通常の部分には東西1名ずつしか載せなかったため、同じ地位に3人以上の力士が出た場合、通常は長方形である番付表の枠を欄外へ出っ張らせ、3人目以降はその部分に四股名を載せるようになった。
  • 室町時代に入ると背の高い文台が廃れ、代わって文台の筥として要素を併せ持った高さの低い文台が作られ、これに硯箱や書籍等も載せるようになった。
  • 小学館の「年代別漫画雑誌」戦略に基づいた『オリジナル』および『スピリッツ』の中間年代層を主なターゲットとした青年漫画誌というスタンスを長年保っていたが、2012年に方針転換し、コアな層向けの漫画も載せるようになった。
  • この2作のヒットにより、新聞各紙は4コマ漫画を競って載せるようになり、最初の「新聞4コマ漫画」ブームと呼べる状況が出現した。
  • ブラジルをフィールドとして「音楽による民族=地域的「文化」の創出」という観点から議論を展開し、そこから、いわゆる「ワールド・ミュージック」をめぐる言説分析に踏み込み、日本における音楽ジャンルをめぐる言説も検討の俎上に載せるようになった。