較べるなら

6 の用例 (0.00 秒)
  • 芸術家が自分の作品を大事にするのは当り前だとしても、一度出来上ってしまったものにはもう目もくれず、次の作品に向ってひたすら驀進する型の芸術家と較べるならば、シベリウスが彼自身の内部に、自己に対する厳しい批評家を持っていて、常に理想的な完璧を目指して仕事をしていたことは明かである。 福永武彦『第四随筆集 夢のように』より引用
  • 万葉後期の歌はかくの如くであるが、若しこれを古今集以後の幾万の歌にくらべるならば、これはまた徹頭徹尾くらべものにはならない。 斎藤茂吉『万葉秀歌』より引用
  • 現代学生層は事実上ブルジョア社会幹部の候補者でなくなっているが、それにも拘らず、ブルジョア社会幹部によって現実に割りあてられた「職業」を持っている処のインテリゲンチャ層の他の部分に較べるならば、学生はここでも亦、そうしたサラリーマン・小官吏等々自身の候補者を意味しているだろう。 戸坂潤『技術の哲学』より引用
  • 袁紹と自分とを、一個一個の人間として較べるなら郭嘉かくかが、と、指を折って説かれるまでもなく、曹操自身も、 「自分のほうがはるかに人間は上である」と、充分自信はもっているが、単にそれだけを強味として相手を鵜呑うのみにしてしまうわけにもゆかなかった。 吉川英治『三国志』より引用
  • この種の一連の現象に較べるならば、建国祭に鉄兜の子供の行列があったり、鎌倉仏教の復興が叫ばれたり、女学校の英語が廃止になりそうだったり、紋付袴が流行ったりすることは、抑々極めて末端の社会現象に過ぎないということが判るだろう。 戸坂潤『日本イデオロギー論』より引用
  • すなわち、肉体の贖罪は、あのいつ果てるともなくつづく残忍な長期間にわたる地獄の責苦と較べるならば、ほんの束の間の軽いものであると考えることです。 チョーサー/西脇順三郎訳『カンタベリ物語(下)』より引用