較べること

15 の用例 (0.00 秒)
  • 妻にはマリア・クロスに対する彼の愛の過去と現在とを自分のように較べることは無理な話だと気づかなかったのである。 モーリアック/遠藤周作訳『愛の砂漠』より引用
  • パイの間抜けぶりは、他の猫たちとくらべることで、ますますはっきりしてきた。 塩田丸男『天からやって来た猫』より引用
  • そんなふうに較べることが第一間違っているんですわ。 ストウ/山屋三郎・大久保博訳『アンクル・トムズ・ケビン(上)』より引用
  • しかし、あれから二年して青洲の研究は深まり、自信は前のときと較べることもできない。 有吉佐和子『華岡青洲の妻』より引用
  • 架山は、いま眼の前にある観音像を、自分がこれまでに見た同じ湖畔の他の四体の像と較べることはできなかった。 井上靖『星と祭上』より引用
  • 冬枝にとって一番心配なことは、同じ自分の娘として、架山が光子とみはるを較べることであった。 井上靖『星と祭上』より引用
  • かつてこれ以上華やかな日はおろか、この日に較べることのできるような日さえも、人々はついぞ見たことがございませんでした。 佐藤正彰訳『千一夜物語 05』より引用
  • よその組の請負工事などは大雨ごとによく崩れたから、たやすく較べることが出来たのである。 石牟礼道子『十六夜橋』より引用
  • だれも泣かない時代にあって、その涙は奇異というより、較べることのない優しさや真摯しんしさと映った。 高橋克彦『火城』より引用
  • どちらがどうだったとくらべることに本質的な意味はないが、最初の実戦だった真庭まにわ蝙蝠との戦闘、続いての宇練銀閣うねりぎんかくとの戦闘、七花にとってより強く印象に残っているのは、真庭蝙蝠との戦闘のほうである。 西尾維新『刀語 03 第三話 千刀・ツルギ』より引用
  • 光太夫はカザンの町でも、街路に燈籠の立ち並んでいるのを見たが、ペテルブルグの場合はそれと較べることができないほど立派であった。 井上靖『おろしや国酔夢譚』より引用
  • 一時に「ムギー」と「ムーギ」二種類を同時に買って、食べ較べることが出来ればいいのだが、なぜかそういうことを大人たちに要求はしなかった。 長嶋有『猛スピードで母は』より引用
  • それから、較べることにしよう。 佐藤正彰訳『千一夜物語 04』より引用
  • およそ他人の怒張した珍宝みるチャンスがないから、較べることができず、各人各様にうぬぼれて、これで丁度いいのかも知れぬ。 野坂昭如『エロトピア1』より引用
  • 女は、はじめっから他人様とみ較べることがなく、また自分でちょいとまさぐれば、のっぺりか数の子かすぐに見当つくし、腹鼓もいたちっぺも自覚できるはずなのだ。 野坂昭如『エロトピア2』より引用