軽合金

155 の用例 (0.00 秒)
  • やはり軽合金製のサッシにはまっているのは、防弾のスモークトガラスだ。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ外伝02 ドルロイの嵐』より引用
  • 同社は海軍向けの火薬の製造会社だったが、さらに軽合金や特殊鋼の国産化をめざしていた。
  • 日本においては1966年に遠州軽合金が初めて輸出用にアルミホイールの生産に成功した。
  • ここでも内装部材に軽合金を多用するなど、軽量化に留意して設計されている。
  • この機は主要な部分は鋼製であったが、ヒューゴー・ユンカースの協力によって羽布の代わりに軽合金の板が使われた。
  • 中央胴体は軽合金製だが、その他の部分は木製であった。
  • やはり軽合金製のサッシにはまっているのは、防弾のスモークドガラスだ。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ12 〔外伝1〕ドルロイの嵐』より引用
  • 装置は、直径四十センチ、長さ九十センチあまりの軽合金性のカプセルに納められている。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ外伝02 ドルロイの嵐』より引用
  • エンジンは軽合金製ブロックでSOHCの狭角V型4気筒エンジンが採用された。
  • 社名は、創業時の社名である「株式会社遠州軽合金」の略称に由来している。
  • カバン店には、軽合金のトランクや、ファイバー製のカバンがならんである。 広瀬正『マイナス・ゼロ』より引用
  • 車体は7000・8000形同様のスキンステンレス構造と、設計時に比較検討されていた軽合金構造が採用された。
  • 併用軌道区間での自動車などとの接触事故が起こった際に車体の修復を容易にするため、軽合金車体主流の時代であるがあえて普通鋼製車体としている。
  • 車体は三菱K10型を発展させ、ボディの主要部分に軽合金を使用した、高速バス専用車体であった。
  • 日本製糸の取締役を経て戦時中三菱軽合金の資材課長に就任していたが、坂口を設立し代表社員となる。
  • その他、車内は乗務員室と客室の仕切り扉がステンレス製から軽合金製となった。
  • 玄関の扉は軽合金製で、ドアノッカーがぶら下がっている。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ外伝02 ドルロイの嵐』より引用
  • 高速力を確保するため、250フィート級の大型船であるにも関わらず、船体は軽合金製とされている。
  • 非常に軽い軽合金材料として重要であり、金属マグネシウムとして様々な合金の第一金属や、添加剤に利用される。
  • 胴体は軽合金のセミモノコック構造で、主脚は胴体に収納された。
  • 次へ »

軽合金 の使われ方