軽合金製

75 の例文 (0.00 秒)
  • この増幅器の筐体は軽合金製で前面には音量調節用のハンドルがあり、真空管が収められている部分の蓋は交換がしやすいように簡単に着脱できるようになっていた。 ...
  • また、モハ7881-クハ881は客用扉に軽合金製のものを試用しており、金属枠固定の扉窓が特徴であった。 ...
  • 玄関の扉は軽合金製で、ドアノッカーがぶら下がっている。 ...
  • このことから、昭和40年度計画で建造する特殊救難用130トン型巡視船は、船体を全軽合金製とすることとなった。 ...
  • 一般的に本砲には、軽合金製のディスクホイールにゴム製リムのついた車輪が使われたが、初期の砲には木製スポークの車輪が装備されている。 ...
  • 何重もの咒式防犯装置を解除しながら、その下の軽合金製の扉を開けた時、漆黒しっこくの毛皮が革靴かわぐつにすり寄ってきた。 ...
  • また3層の上部構造物は軽合金製である。 ...
  • また、側扉は軽合金製でその他内装各部にも軽合金を多用し、軽量化に一定の配慮がなされていた。 ...
  • 営業運転に供する車両ではないが、側部には電動式の行先表示器が設置され、室内の一部には軽合金製の簡易リクライニングシートが設置されていた。 ...
  • もう一つの通常とは異なるユニークな装備は、パンク発生時にもタイヤの安全性を保持するように設計された軽合金製のエイヴォン・セーフティホイールであり、フィレンザはこの種のホイールを履いた初の量産車であった。 ...
  • 前輪は当初は直径14インチのタイヤだったが、初期段階で軽合金製の直径9インチで首振り可能なキャスターへ変更された。 ...
  • 製造後約20年が経過した1970年代前半には腐朽が目立った客用扉の軽合金製扉への交換が腐朽の度合いに応じて実施され、戦後すぐの粗製濫造で痛みが深刻となっていたKS-40J装着車の枕ばねが交換された。 ...
  • 機体はアルミニウム合金製外皮で覆われた5本桁の主翼に軽合金製応力外皮構造であった。 ...
  • ロールバッハ金属飛行機では1920年代から最先端技術の軽合金製の応力外皮構造の多くの航空機を設計、製作した。 ...
  • ただし軽合金製上部構造はフォークランド紛争やアメリカ海軍の火災事故などでの被害拡大の要因となったとされ、護衛艦では鋼製に戻されている。 ...
  • 恵美子はバック・パックのなかに、カメラの三脚のように伸び縮みする軽合金製の梯子はしごを入れてきてあった。 ...
  • ドイツ魚雷艇の船体は軽合金製だったが日本では資材の節約から鉄骨木皮にせざるを得ず、船体重量が増した。 ...
  • ローター・ヘッドは鋼と軽合金製でエラストメリック・ベアリングやダンパーが装備されている。 ...
  • キングストン哨戒艇は、軽合金製の船体および上部構造物と膨張式の浮体から構成されており、非常に優れた旋回性能を有している。 ...
  • 次へ