軽く聞き流す

20 の用例 (0.00 秒)
  • 彼はあらんかぎりのイタリア語の罵詈讒謗ばりざんぼうを、黙って軽く聞き流した。 イネス/池央耿訳『孤独なスキーヤー』より引用
  • その時は軽く聞き流していたが、それが実現したとはねえ。 星新一『きまぐれ体験紀行』より引用
  • ルーマニアの人々が幸福ならば、今のあなたの言葉を軽く聞き流すことができる。 米原万里『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』より引用
  • わたしはもう会話をする気もないから、それを軽く聞き流す。 奈須きのこ『空の境界 (下)』より引用
  • 彼はときどきかっとなる癖があるので、わたしはいつも軽く聞き流すことにしていた。 ドストエフスキー/工藤精一郎訳『未成年(上)』より引用
  • 加世の方も、そんなつまらない冗談は軽く聞き流すつもりだった。 森瑤子『女ざかり』より引用
  • しかし、こんなことをふのも、露木つゆきのやうな身分みぶんものの一しゆ趣味しゆみだとおもつて、海野うんのかるながしたにぎなかつた。 小島政二郎『海燕』より引用
  • その時は軽く聞き流してしまったが、このロスアンゼルスに実際に来てみると、彼の言葉が生々しい現実味を帯びて迫ってくるように思えた。 沢木耕太郎『一瞬の夏』より引用
  • 森はしきりと説いたが、伊沢は、「まあ、一晩考えてみよう」と軽く聞き流しただけだった。 勝田龍夫『重臣たちの昭和史 上』より引用
  • 子供の他愛ない言葉だと、軽く聞き流していた。 新堂冬樹『忘れ雪』より引用
  • 伊助はいつもながらの茶化したものいいだが、元助はむっとしてこんどばかりは軽く聞き流す気になれなかった。 松井今朝子『辰巳屋疑獄』より引用
  • 放送を軽く聞き流し、丈が大声を上げる。 白瀬修『おと×まほ 第03巻』より引用
  • 軽く聞き流しながら、僕は居間で朝食を食べた。 乙一『さみしさの周波数』より引用
  • 一方で、その話を軽く聞き流しているのは、ベンチに座っている魔術師まじゆつし・ステイル=マグヌスだ。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第10巻』より引用
  • 夏妃は苦々しく表情を歪めたい衝動を必死に抑えながら、軽く聞き流しているように振舞うのだった。 竜騎士07『うみねこのなく頃に Episode 1 The Legend of the Golden Witch [A3879D13]』より引用
  • 遠山は軽く聞き流したつもりでいた。 鈴木光司『バースデイ』より引用
  • 塔馬は軽く聞き流した。 高橋克彦『パンドラ・ケース よみがえる殺人』より引用
  • だから、苗村伽奈がそんな話をしたときも、軽く聞き流した。 多島斗志之『症例A』より引用
  • このコトバとは以後行く先々でお目にかかることになり、このごろでは「へん、また人間さまお得意の世間体か」と軽く聞き流す余裕よゆうも出来てきたが、はじめのうち、おれは世間体とは人間世界の王様か殿様とのさまであろう、と思っていた。 井上ひさし『ドン松五郎の生活』より引用
  • ジュウの絶叫を軽く聞き流し、美夜は確認する。 片山憲太郎『電波的な彼女01』より引用