軽々看過

3 の用例 (0.00 秒)
  • 我輩は常に世の道徳論者の言を聞き、論者が特にこの大切なる一点をば軽々けいけい看過してあたかも不問に附する者多きを見てひそかに怪しむのみか、その無識を冷笑するほどの次第なれば、大いに婦人の地位をしてこれを高処に進め、以て男子に拮抗きっこうせしめんとするの考案なきにあらず。 福沢諭吉『日本男子論』より引用
  • すなわちこれ我輩わがはいが榎本氏の出処しゅっしょ所望しょもうの一点にして、ひとり氏の一身のめのみにあらず、国家百年のはかりごとにおいて士風消長しょうちょうめに軽々看過けいけいかんかすべからざるところのものなり。 福沢諭吉『瘠我慢の説』より引用
  • この点については我輩わがはいも氏の事業を軽々看過けいけいかんかするものにあらざれども、ひとあやしむべきは、氏が維新のちょうきの敵国の士人と並立ならびたっ得々名利とくとくみょうりの地位にるの一事なり。 福沢諭吉『瘠我慢の説』より引用