軽々に口

4 の用例 (0.00 秒)
  • この前の、影谷蛇之とのときの様なことでもない限り、軽々けいけいに口にするべきではない。 西尾維新『新本格魔法少女りすか 01』より引用
  • いや、たとえあったとしたところで、証拠もないのにそういうこと、軽々に口にすべきことじゃないだろう。 横溝正史『貸しボート十三号』より引用
  • 軍事機密を軽々に口にできるわけないじゃない。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の戦旗 03 家族の食卓』より引用
  • それは三名が立派な武士過ぎたからで、というのは立派な武士がなにかする場合、それはやはり不言実行、近所のおばはんのごとくにやる前から、「実はこうこうこうこうこういうことをしようと思っている」など軽々に口にしないのが常だからで、彼らは互いに充分話し合うことがないまま各々独自に不言実行を行ったからである。 町田康『パンク侍、斬られて候』より引用