軽々とした足取り

3 の用例 (0.00 秒)
  • だが、コバーンはそれに気づいた様子もなく、軽々とした足取りで部屋を出た。 はままさのり『青の騎士 ベルゼルガ物語 1』より引用
  • もっとも、ドン・ファンは外を歩くのが楽しいのか、結構軽々とした足取りでついてくる。 赤川次郎『半人前の花嫁』より引用
  • 彼がこときれ終ったとき、ドメニコが、まるで天国の扉を仰ぎ望むかのように、軽々とした足取りで、死の階段を上っていった。 中野好夫『世界史の十二の出来事』より引用