軽々しい

全て 形容詞
119 の用例 (0.00 秒)
  • ルパンの軽々しい言葉と皮肉な人生観とが彼女に苦痛を与えるらしかった。 ルブラン/水谷準訳『奇巌城(ルパン・シリーズ)』より引用
  • これが生きているのだったら、軽々しい行動は考えなければならない。 海野十三『西湖の屍人』より引用
  • 現在の私はきわめて慎重な人間だが、戦前は軽々しい性格であった。 星新一『きまぐれ博物誌・続』より引用
  • 人ひとりの命の価値は、そんな軽々しいものではないはずでしょう? 杉本苑子『胸に棲む鬼』より引用
  • 桃園の邸の、北の裏門から入るのは、大臣として軽々しいようであった。 田辺聖子『新源氏物語』より引用
  • 喜八郎が軽々しいことを言うはずもないことは、充分に分かっている。 山本一力『損料屋喜八郎始末控え』より引用
  • あなたのことが大切であるからこそ、軽々しい約束などできない。 梅田みか『愛人の掟2』より引用
  • たった三十五日でキリがついてしまうような、そんな軽々しいことではないはず。 小野不由美『屍鬼(上)』より引用
  • わたしのおねがいが軽々しいことではないことは、よく存じています。 モーム/北川悌二訳『人間の絆(下)』より引用
  • この行動に対し、党友からも法の軽々しい利用や技術に対する無理解を批判する声が上がった。
  • それで又、北国の名の海を見たら又小田原の海は軽々しい様子に見えるだろう。 宮本百合子『冬の海』より引用
  • ただ吼えられたぐらいで使ってしまえるほど、それは軽々しいものではない。 虚淵玄『Fate/Zero Vol.1 「第四次聖杯戦争秘話」』より引用
  • 仮にも一国の宰相にしては、ずいぶん軽々しいポローニアスだったわよね。 篠田真由美『玄い女神 建築探偵桜井京介の事件簿』より引用
  • あまり軽々しいあっさりした答えかただったので私はかえって、そのうわさは嘘なのだろうと思いました。 吉田知子『無明長夜』より引用
  • 先生としては女性に対してそんな軽々しい上条ちゃんの態度は放っておけないのです! 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第06巻』より引用
  • これは彼女が主張するように、愛のためとか生活のためなどという事情で酌量できるような軽々しいものではない。 ドウス昌代『東京ローズ』より引用
  • 相手が誰であれ、この家の顔として軽々しい応対はできない。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 05 ラプラスの亡霊』より引用
  • それまでは誰も、犯人についての軽々しい推理をのべてはいかん。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇2 ゴンドラの花嫁』より引用
  • こんなところにいれば、おちついた人でも軽々しい遊び好きに感化されてしまうであろう。 田辺聖子『新源氏物語』より引用
  • で、衆を立たせて、使用法を弁ずる時は、こんな軽々しい態度のものではない。 泉鏡花『露肆』より引用
  • 次へ »

軽々しい の使われ方