軸の傾き

25 の用例 (0.00 秒)
  • この惑星の軌道偏心や自転軸の傾きの原因もそこにあるかもしれない。 谷甲州『惑星CB 8越冬隊』より引用
  • 車両を正面から見たときのキングピン軸の傾きをキングピン角という。
  • また、ジャイロ回転の成分が強い物は回転軸の傾きによっては若干左右へも変化したり、落差が変わったりもする。
  • 太陽黒点の観測を行い、太陽の自転軸の傾きを求めた。
  • 車両を側面から見たときの前輪のキングピン軸の傾きをキャスター角と言い、操舵輪にのみ存在する。
  • さらに地球の自転軸の傾きと初期の自転の速さも、いわゆるジャイアント・インパクトによって決まったと考えられている。
  • また、自転軸の傾きのため極周囲の方が赤道周囲よりも太陽からの熱を受けているが、奇妙な事に赤道周囲の方が極地よりも温度が高い。
  • その結果、パラメータを上手く設定すると実際に月のような衛星の形成が起こりうることや、地球の自転軸の傾きなどを再現できることが示された。
  • 第四紀の氷期と間氷期の推移の周期性を調査したところ、地球の公転軌道の離心率の変化、自転軸の傾きの変化、更に自転軸の歳差運動と一致することがわかった。
  • 季節変化の主な要因として軌道離心率と自転軸の傾きが考えられるが、地球の場合、自転軸の傾きが効いている。
  • ミランコビッチ・サイクルと呼ばれる地球の公転軌道の離心率と自転軸の傾きと自転軸の歳差運動により、周期的に気候が変動することを研究したことで知られる。
  • 似た語として赤道傾斜角があるが、赤道傾斜角は天体の軌道面と赤道面とのなす角、すなわち天体の自転軸の傾きを表す別の量である。
  • Z項とは、岩手県水沢の緯度観測所初代所長であった木村栄により自転軸の傾きに関する式に加えられた項のことである。
  • しかしジャイアント・インパクト説でも、火星ほどの大きさの天体が地球を完全に破壊してしまわないような正確な角度で衝突し、衝突で自転軸の傾きを生じさせ、地球で活発なプレートテクトニクスが起こるようにした、というようなことが起こる確率が一見非常に低いという問題があった。
  • また、ボールの回転数の多さや回転軸の傾き、手足の長さや投球フォームの影響でリリースポイントが打者に近い等の要因により、初速と終速の差が小さくなったり、より落差が少なくなる。
  • 近年で最も顕著な現象としては地球の自転軸の傾きが24度に達した時期、いわゆる完新世の気候最温暖期に先立つ時期おいて、極域の夏に最も太陽が近づいており、北半球が受ける日射量が極大となっていた。
  • この力の予測は、天体の形状、表面の反射能のばらつき、表面の凹凸、自転軸の傾きなど多くの要因が影響するためにきわめて困難である。
  • それにひきかえ、たとえば、ほとんど軸が傾いていない木星の表面では〔木星の軌道にたいする軸の傾きは三度五分にすぎない〕居住者は一定不変の気温を享受することができます。 ヴェルヌ/鈴木力衛訳『月世界旅行』より引用
  • 球は重力により放物線を描くが、回転軸の傾きが少なく回転数の多いバックスピンをかけた球はマグヌス効果により上向きの揚力を持ち、放物線から離れた直線に近い軌道になる。
  • 左はほぼ天然色で、右は高周波数帯 天王星の気候は、惑星内部からの熱供給の欠如と激しい季節変化を引き起こす著しい自転軸の傾きによって、大きな影響を受けている。
  • 次へ »

軸の傾き の使われ方