転写因子

246 の用例 (0.01 秒)
  • これは細胞内での転写因子レベルを低く維持するメカニズムの一つである。
  • これは転写因子を分散する際に繊毛が右回転するために非対称性が生じる。
  • ある転写因子は、自分自身の産生を抑制する働きを示すこともある。
  • 真核生物においては、転写因子の転写は核内で、翻訳は細胞質内で行われる。
  • 転写因子は複数の機能領域から構成されるため、その構造解析は簡単ではない。
  • 真核生物では、転写の開始には基本転写因子の存在が必要である。
  • いずれも転写因子の認識配列だけを有するが、3つを次の各項で紹介する。
  • ある種の転写因子は、核移行するためには細胞質内でリガンドと結合する必要がある。
  • この経路で働く最も研究された転写因子はMYCファミリーに属する。
  • エオサイト説の根拠としては、リボソームや転写因子の類似性がある。
  • 一般にシスエレメントは遺伝子上流部の転写因子が結合する領域を指す場合が多い。
  • 最も細分化された転写因子の分類として、DNA結合領域をメインとしたものがある。
  • 後に高等生物でもこれに似た転写因子が遺伝子発現調節で主要な働きをしていることが明らかになった。
  • ところが実際には、転写因子が互換性のある全ての配列に結合するということはない。
  • また多くの場合転写因子がSUMO化を受けると転写が阻害される。
  • 転写因子が自分自身をコードする遺伝子に結合する場合、通常は抑制する方向に働く。
  • PPARは核内に存在する転写因子であり、TZD等に依り活性化される。
  • これらの転写因子は刺激に応じて、対象とする遺伝子の転写を開始あるいは停止させる。
  • これらの分子がホモあるいはヘテロ二量体を形成したものが転写因子として機能する。
  • 以下に、転写因子の活動を制御するシステムの簡潔な一覧を示す。
  • 次へ »