転倒する危険

14 の用例 (0.00 秒)
  • また、二輪車では転倒する危険性が高いため、特に注意を要する。
  • このように低重心で操作性に優れるために誰でも慣れれば乗れて、また前に転倒する危険性もなかった。
  • そのため二輪車ユーザーからは不満の声があり、不慣れなライダーはパニックを起こして転倒する危険性もある。
  • このため離陸の際に機体が仰向けに転倒する危険性があり、パイロットのトンプソンは降着装置に何らかの問題があるのではないかとも疑った。
  • カウンターステアは四輪の自動車の場合であり、オートバイの場合は後輪がロックした場合は四輪のカウンターステアと同様の操作が必要であるが、前輪がロックした場合にはジャイロ効果が失われて即転倒する危険性がある。
  • 歩行者と立って乗っている者とが接触した場合にはバランスを崩した人が転倒する危険性があるとされ、腕の骨折などの要因によって片側の手すりにしかつかまる事のできない人に対する配慮不足の問題も指摘されている。
  • シルバーカーに頼って歩行した場合、僅かな段差につまずいて転倒する危険もある。
  • ペダルの動きと車輪の動きが直結しているので、急にペダリングを止めると転倒する危険性があるので固定ギアに乗る際は注意が必要である。
  • ボトムブラケットの位置が低いと低重心になり安定するが、低すぎるとカーブを曲がった時にペダルが地面に当たり転倒する危険性が出てくる。
  • 砲架が軽量になったことにより発砲時に転倒する危険があったので、砲口には76mm級の師団野砲としては初めてマズルブレーキが装着された。
  • 軽アイゼンではないアイゼンを装着しての歩行時には、爪をズボンやスパッツに引っ掛けて転倒する危険があるため、両足の踵を接近させないように歩くことが推奨される。
  • これは、採血と排尿が共に血管迷走神経反射性失神の原因となるため、それらが重なる献血直後の排尿を立位で行うと、失神して転倒する危険が高まるためである。
  • 接地する頻度が高い部分は摩耗により表層には常に新しいトレッドコンパウンドが表出するが、接地する頻度が低い部分は表面が経年硬化している場合があり、このようなタイヤで硬化した部分が接地するほど車体を傾けて旋回するとグリップ力の変化が大きく、転倒する危険性が高い。
  • 戦車の脱輪防止用に埋め込まれた「ヒンケルシュタイン」という大きなブロックに触れると、車輌が転倒する危険がある。