転げ落ちる

全て 動詞
250 の用例 (0.00 秒)
  • 汽車から転げ落ちないかぎり、死体がそんな線路近くにあるはずがない。 ドイル/鈴木幸夫・鮎川信夫・内田庶・中尾明訳『シャーロック・ホームズ全集(下)』より引用
  • すると、突然わたくしは、天から地へ転げ落ちたような思いがしました。 豊島与志雄『死因の疑問』より引用
  • 悲鳴のような声を放った彼の隣で、新婦が卒倒して椅子から転げ落ちた。 宮部みゆき『名もなき毒』より引用
  • 目の前にいきなり遠子さんの顔が現れ、椅子からころちそうになる。 野村美月『文学少女シリーズ16 半熟作家と“文学少女”な編集者』より引用
  • 上半分の猫の顔が描かれている方の板は強風で歩道の端に転げ落ちていた。 渡辺淳一『光と影』より引用
  • 男たちは驚きと恐怖のあまり足を踏み外して階段から転げ落ちてきた。 大藪春彦『黒豹の鎮魂歌 第二部』より引用
  • わたしはうなずいたが、まるで頭が肩から転げ落ちそうな感じだった。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書4』より引用
  • 男でも音を上げる傾斜三十度のスロープは油断すると転げ落ちてしまう。 池上永一『シャングリ・ラ 下』より引用
  • 俺がこの店に初めて来た時、手前は階段から転げ落ちてきたんだぞ? 玉木ゆら『月にむらくも、恋嵐』より引用
  • だが、人が転げ落ちた土の跡が、その先の断崖のふちまでつづいていた。 フィルポッツ/井内雄四郎訳『闇からの声』より引用
  • 扉が閉まり、階段を転げ落ちそうな速度で降りていく足音が遠ざかった。 大沢在昌『悪夢狩り』より引用
  • それが幸いであったのは、男がそのまま階段から転げ落ちたからだ。 支倉凍砂『狼と香辛料ⅩⅢ Side ColorsⅢ』より引用
  • どれだけのものを失って、なんど二人ふたりして転げ落ちてしまうのだろう。 竹宮ゆゆこ『ゴールデンタイム 01巻 春にしてブラックアウト』より引用
  • 悲鳴を上げて船倉の牢獄ろうごくへと転げ落ちていく彼の耳に、将軍の声がひびいた。 伊豆平成『PATRONE2 仮面の少女』より引用
  • だが、比呂緒ひろおが階段から転げ落ちて来た瞬間、この家は確実に変わった。 中村恵里加『ソウル・アンダーテイカー』より引用
  • 遠子先輩と竹田さんに引っ張られて、ぼくらは柵の向こうへ転げ落ちた。 野村美月『文学少女シリーズ05 “文学少女”と慟哭の巡礼者』より引用
  • ベッドに慣れていなかった私は、アメリカに来てから既に何度も転げ落ちていた。 藤原正彦『若き数学者のアメリカ』より引用
  • それでもかろうじて居場所が残っていた教室、僕は自分から転げ落ちた。 奈須きのこ『DDD HandS』より引用
  • 曲がり角のそばにある階段かいだんを、転げ落ちるようにしてけ下りていく。 和田篤志『異世界の聖機師物語』より引用
  • 膝の上に物をのせてやっても、一寸身体を動かせばすぐに転げ落ちた。 豊島与志雄『子を奪う』より引用
  • 次へ »