軍前衛

16 の用例 (0.00 秒)
  • 彼らは、攻撃の先鋒に立った戦車の波でドイツ軍前衛部隊を蹂躙して行った。
  • 戦闘はイギリス軍砲艦とアメリカ軍前衛偵察部隊との交戦で始まった。
  • 日本軍前衛部隊も午前8時15分に、カタリナ飛行艇に発見されたと認識している。
  • まずグラモンは騎兵を投入して連合軍前衛の騎兵を襲撃させたが、この攻撃は失敗に終わった。
  • パテーの戦いでは、フランス軍前衛がイングランド軍が誇る長弓部隊の準備が整う前に攻撃を開始した。
  • そこの分遣隊は工作物に火をつけ、フランス防御線まで後退したが、バーゴイン軍前衛が到着する時点よりそれほど前ではなかった。
  • 船でスキーンスボロに逃げた大陸軍の小部隊はバーゴイン軍前衛とアン砦の戦いを行ったが、スキーンスボロの小競り合いで装備や多くの病人および負傷兵を放棄するしかなかった。
  • フランス軍前衛を攻撃した2個プロイセン軍団は、これを退却中のムーズのフランス軍の後衛だと考えていた。
  • スイス人指揮官レントゥルスによって率いられたプロイセン軍前衛は森から飛び出し、オーストリア軍に襲いかかった。
  • 同28日には第6プーナ師団がアマラを占領し、オスマン軍前衛部隊を北方に駆逐した。
  • 商震将軍は蒋介石から日本軍前衛部隊の背後を突く形での堤防爆破を命じられたが、国民党軍の撤退が終わるまで爆破を延期していた。
  • この攻撃がミッターマイヤー艦隊に亀裂を生むという意外な戦果をあげたため、そのまま押し込む形で同盟軍前衛部隊は前進し、帝国軍に少なからぬ損害を与えた。
  • スペイン軍前衛部隊にサンタンデル軍主力のホセ・アントニオ・アンソアテギ将軍の部隊が突撃し、スペイン軍本隊と分断する。
  • この戦域の南では、アンソンが苦戦しており、フランス軍前衛の、まだ拿捕されていないフリゲート艦が、アンソンにひとまとめに襲いかかろうとしており、アンソンはかなりの危険にさらされていることに気付いた。
  • しかし、ペック将軍がすばやく守備を固めたので、ミカ・ジェンキンス准将の旅団が先導する南軍前衛部隊は守備隊を攻撃せずに、ナンスモンド川の西岸で塹壕を掘ることにした。
  • 午前10時ごろ、モルヴィッツ南東ノイドルフでプロイセン軍前衛であるローテンブルクの騎兵部隊がオーストリア軍の哨戒騎兵と接触し、これを追い散らした。