軍を率いる

147 の用例 (0.00 秒)
  • 尊氏が主力軍を率いて九州から東上すると、九州各地の足利軍と戦った。
  • また、孫権が子の孫登に軍を率いさせ出征させようとした事があった。
  • 三好長慶の時代は、それぞれが軍を率い一族の重鎮として活動していた。
  • 郴州が陥落すると軍を率いて奪回し、団練の組織を改め広武軍と称した。
  • 家康が軍を率いて浜松を出発したという情報だけでは出兵はしない。 新田次郎『武田勝頼(一)』より引用
  • 形式上は前のハンであったシャー・アリーがロシア軍を率いることになった。
  • ふたりは軍を率いてたちまち城を攻め落とし、戦利品の分配にかかった。 バークレー『愛のサマーヴィル1 夢見た騎士』より引用
  • パットナムはバンカーヒルの戦いでは作戦段階でも戦場でも全軍を率いた。
  • そこへ前三二七年、マケドニア王アレクサンドロスが軍を率いて侵入した。 岡田英弘『世界史の誕生 ―モンゴルの発展と伝統』より引用
  • なお、同年に楚の春申君も合従軍を率いているが函谷関で敗退している。
  • 国王自ら軍を率いて討伐に向かうのは、祖父・尚巴志王以来のことであった。
  • トーマスは北軍のカンバーランド軍を率いるなど、多くの指揮を執った。
  • やむなく楠正成は千五百の軍を率いて兵庫に向かいつつあると書いてあった。 新田次郎『新田義貞(下)』より引用
  • ナポレオン戦争時にロシア帝国の将軍としてロシア第2軍を率いた。
  • 三国時代、蜀の諸葛亮が自ら軍を率いて出兵した魏侵攻が5度行われた。
  • また、宰相とはいえ、実際に軍を率いて遠征に参加することもあった。
  • ロシアと戦争をする為、ナポレオンは50万人の大陸軍を率いて進軍した。
  • 一連の戦争で一番の功績を立てたのはなんといっても右翼軍を率いたトルイだった。
  • 侍王李世賢も軍を率いて支援し、林文察軍の退路を断つ準備を始めた。
  • 軍が出立すると、阿那肱が前軍を率いて先に進み、北斉の諸軍を総べた。
  • 次へ »