軍の勇士

18 の用例 (0.00 秒)
  • 厳然とした声に国王軍の勇士たちは思わず息を呑み、足を引いていた。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第04巻』より引用
  • 間近でこれを見た政府軍の勇士たちが驚いたのは当然である。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第04巻』より引用
  • 政府軍の勇士たちが気づいた時には先頭の少女はすでに本陣の真後ろまで迫っていた。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第04巻』より引用
  • だが、伯爵の死に様を語るにつけ、国王軍の勇士たちからも次々に怒りの声があがった。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第03巻 「白亜宮の陰影」』より引用
  • リリリ凛々りんりんたる勇気ゆうきして、ウバナンダ竜王りうわうやかたすす神軍しんぐん勇士ゆうしだ。 出口王仁三郎『霊界物語 rm 63 20080623』より引用
  • 国王軍の勇士たちも同様だった。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第04巻』より引用
  • 国王軍の勇士たちも今すぐにでも城攻めにかかろうという意欲満々だったが、男は廓門が中から開くのを待つつもりだった。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第04巻』より引用
  • この間に国王軍の勇士たちとタウの山賊の初顔合わせが行われ、将軍たちの驚く一幕もあった。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第04巻』より引用
  • 少女はナシアスやガレンスなど他の国王軍の勇士の様子も語り、先日のワイベッカーでの勝利を語った。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第03巻 「白亜宮の陰影」』より引用
  • しかし、少女とサング大隊がぶつかる前に、国王軍の勇士たちが追いついて来た。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第03巻 「白亜宮の陰影」』より引用
  • 国王軍の勇士たちはなんとか距離を詰めようとしたが、さすがにここが正念場とあって敵もふんばり、こちらを寄せつけない。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第04巻』より引用
  • 鮮やかな紫紺の外套を翻し、人馬一体となったその姿は国王軍の勇士たちをも惚れ惚れさせるのに充分だった。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第04巻』より引用
  • すなわち戦闘興行団のスター剣士であり、一流の家の腕っこきの警備隊員であり、連邦軍の勇士なのだ。 眉村卓『不定期エスパー4』より引用
  • しかし、パーンダヴァ兄弟を守るクリシュナの働き掛けにより、ドゥルヨーダナ側の軍の勇士たちは次々と倒れていき、 第18日目にはドゥルヨーダナ自身も戦死することとなった。
  • そのうえにも今度は、この海原を渡る船々にまで呪われた火を投げこんで、アカイア軍の勇士たちを殺そうとさえ、しきりに望んでいる。 ホメロス/呉茂一訳『イリアス(下)』より引用
  • 夜か更け、兵士たちが交代で寝静まる時間になると、国王軍の勇士たちは次々とドラ将軍の天草に集まり、シャーミアン、大隊長、そして少女も出向いて来た。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第03巻 「白亜宮の陰影」』より引用
  • すなわち、前回と同じく、英雄の墳墓をいくつか発見しようと思ったのであるが、あるときの作業のごときは、遠くダーダネルス海峡のかなた、トラキアのケルソネスの先端にある、いわゆるプロテシラオス〔ギリシア軍の勇士のひとり、トロイア上陸のさいヘクトルに殺された〕の塚にまでおよんでいる。 シュリーマン/立川洋三訳『先史時代への情熱』より引用
  • また、海辺の低い丘陵には墓塚が望まれたが、それらは、ありし日の誇り高い一族が築いたもので、その中には、アキレスや、パトロクロスや、アイアス〔三人ともギリシア軍の勇士〕などの屍が、さらにまたトロイア諸侯の屍がおさめられていた。 シュリーマン/立川洋三訳『先史時代への情熱』より引用

軍の勇士 の使われ方