軍の前衛

63 の用例 (0.00 秒)
  • 最初の交戦でイギリス軍の前衛にいた士官全員が戦死し、前衛部隊は撤退した。
  • 後方に、タタール軍の前衛が現われたようすは、まったくなかった。 ヴェルヌ/江口清訳『皇帝の密使(下)』より引用
  • 貸文は部下を率いて西魏軍の前衛を攻撃しようと求めたが、侯景らは許可しなかった。
  • このオーストリア軍は、西からではなく東からやって来た、カール公子軍の前衛であった。
  • 大陸軍が破ったというイギリス部隊はかなり大きなイギリス軍の前衛部隊に過ぎなかったので、その勝利という主張は割り引いて考えられた。
  • 頭上の塀の上にはスペイン軍の歩哨が並んでいて、たえずわが軍の前衛地点に発砲してくるからだ。 ドイル/秋田元一訳『豪勇ジェラールの冒険』より引用
  • 近づく軍の前衛の槍隊の中に、フルダー・フラムがいた。 アリグザンダー『(プリデイン物語5)タラン・新しき王者(完)』より引用
  • ここのバリケードの背後に、わが軍の前衛隊がいた。 ドイル/秋田元一訳『豪勇ジェラールの冒険』より引用
  • フランシスの部隊が縦隊を形成して午前7時15分頃に出発したが、このときイギリス軍の前衛がその背後にある丘に到着し始めていた。
  • このときドイツ軍の前衛部隊はまだ到着しておらず、ルーデンドルフは単身で市内へ一番乗りした形となった。
  • 閃光のように素早く、プロシャ軍の前衛部隊を指揮している将軍の名前が脳裏に浮かんだ。 ドイル/秋田元一訳『豪勇ジェラールの冒険』より引用
  • フランス軍の前衛がこの地に不慣れであり、イングランドの防御の視界に入って来て、砲火で追い払われたからである。
  • じじつタタール軍の前衛部隊が、大急ぎでイルクーツクへの道を疾駆していた。 ヴェルヌ/江口清訳『皇帝の密使(下)』より引用
  • 島津隊は東軍の前衛部隊である福島正則隊を突破する。
  • 副官の知らせによると、所属のわからない軍の前衛部隊とクラスノイで遭遇し、道を切り開くために敵を攻撃中だという。 アレクサンドル・デュマ/乾野実歩訳『リシャール大尉』より引用
  • ワシントン軍の前衛部隊にはスターリング卿の部隊が含まれており、これがイギリス軍の動きをつけて行く一方で、ワシントンは主力を陣地のあった丘陵部から動かした。
  • アーノルドはセントジョンズ砦を脱出する前にイギリス軍の前衛が視界に入るまで待機したとされており、その後リシュリュー川を上ってシャンプレーン湖に向かった。
  • 謝石もこれを受け、東晋軍は勇猛で名高い劉牢之の軍勢に前秦軍の前衛部隊を攻撃させ、勝利した。
  • この町は、タタール軍の前衛の縦隊によって、直接の脅威を受けていて、二日前から当局者たちはトボリスクに逃げていた。 ヴェルヌ/江口清訳『皇帝の密使(上)』より引用
  • 大陸軍の前衛隊を指揮していたヒュー・マーサー将軍はチャールズ・モーフッドの指揮するプリンストンからのイギリス部隊と遭遇した。
  • 次へ »