軌道共鳴

47 の用例 (0.00 秒)
  • HD 10180系は惑星間で軌道共鳴をしていると考えられている。
  • いずれにしても、海王星と軌道共鳴はしていないと考えられている。
  • また別の同様の状況として軌道共鳴という現象がある。
  • 軌道共鳴の特徴から海王星の公転周期の2倍をかけて太陽を公転している。
  • この軌道共鳴は、惑星同士の重力による相互作用で軌道が変化することによって生じる。
  • カロンとその他の衛星は、軌道共鳴をしている可能性がある。
  • 仮にそうであれば、これは最も遠い位置にある海王星との軌道共鳴天体である。
  • その過程で軌道共鳴が起きたと考えられる。
  • イオ、エウロパ、ガニメデの3個は軌道共鳴状態にあることで知られる。
  • これをきっかけに、軌道共鳴を結成することになる。
  • このような軌道共鳴状態にあるTNOは冥王星にちなんで冥王星族と呼ばれている。
  • アンテの軌道は、自身より遥かに大きいミマスと摂動的な軌道共鳴している。
  • これらの過程で巨大惑星が移動する際、軌道共鳴帯は小惑星帯やEKBを横切ることになる。
  • 木星の重力による軌道共鳴により小惑星はこの領域から移動させられていって小惑星の少ない軌道領域ができた。
  • 軌道共鳴は一般に以下のような性質を持つ。
  • タイタンと軌道共鳴する異形の衛星ヒペリオンは1848年にイギリスのチームが発見した。
  • 実際、 は軌道共鳴していると確認されている中では、最も周期の長い共鳴外縁天体である。
  • 火星と軌道共鳴しているハンガリア群の代表的天体である。
  • 軌道共鳴は天体の軌道を不安定にする場合もある。
  • 天王星の日面通過は計算された範疇では知られておらず、海王星の日面通過は軌道共鳴の関係で不可能である。
  • 次へ »

軌道共鳴 の使われ方