車が走り出す

61 の用例 (0.00 秒)
  • だが車が走り出して少ししてから、千都留が一度だけこんな質問をした。 東野圭吾『白夜行』より引用
  • 車が走り出した時、突然、目の前にバラバラと男たちが飛び出して来た。 赤川次郎『哀しい殺し屋の歌』より引用
  • 車が走り出し、道路へ出るのを見届けてから、少年は丘を上りはじめた。 菊地秀行『グッバイ万智子』より引用
  • 助手席の男が口を開いたのは、車が走り出して少したってからだった。 勝目梓『炎』より引用
  • 旅館の車が走り出した時、もう夕子と大塚の車はずっと先を走っていた。 赤川次郎『幽霊候補生』より引用
  • 車が走り出す直前に、凛は母親の目を盗んで、綺礼に向けて舌を出した。 虚淵玄『Fate/Zero Vol.1 「第四次聖杯戦争秘話」』より引用
  • 車が走り出しても、小西はしばらく、両手でしっかりと耳をふさいでいた。 赤川次郎『長い夜』より引用
  • 車が走り出してもハンドルをもって、ぽかんと正面を見つめているだけだ。 池波正太郎『おおげさがきらい (池波正太郎未刊行エッセイ集1)』より引用
  • 車が走り出すと、若奥さんは、今までより沈んだ声でつぶやいた。 武田泰淳『快楽』より引用
  • 車が走り出してから長いあいだ、二人は口をきかなかった。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • やがて車が走り出すのと一緒に、秀美は少しトーンを抑えて言った。 内田康夫『天河伝説殺人事件(上)』より引用
  • 森戸の乗った車が走り出してから、わたしは、もう一台のタクシーを拾った。 皆川博子『水底の祭り』より引用
  • 車が走り出すとすぐに、奥さんはご主人の話を始めた。 吉田修一『熱帯魚』より引用
  • 車が走り出してから、バッグの中からTシャツを出して着たことはおぽえている。 秋山瑞人『イリヤの空、UFOの夏 その1』より引用
  • 車が走り出してから、渉はハンドルをにぎっているのが青木だと気づいた。 勝目梓『女教師に捧げる鉄拳』より引用
  • 車が走り出し、仙台から離れ始めて、やっと、下瀬は、座席に起き上った。 西村京太郎『悪女の舞踏会』より引用
  • 車が走り出すと、陽子は少しゆったりと助手席のリクライニングを倒した。 赤川次郎『くちづけ 下』より引用
  • 適当な挨拶あいさつが乗用車に乗り込むまで続いて、やがて車が走り出した。 平岩弓枝『パナマ運河の殺人』より引用
  • 車が走り出すと、ジョン太がそう言って頭を下げた。 加藤実秋『インディゴの夜 全4話』より引用
  • 礒村の車が走り出して間もなく、警察は港へ帰投中の船の中で遺体の所持品を調べた。 内田康夫『贄門島(にえもんじま)上』より引用
  • 次へ »