身重

全て 名詞
408 の例文 (0.01 秒)
  • 歴史はもしの堆積たいせきであるが、このとき日本軍に不運な要素がみ重なった。 ...
  • 身重なイエニーは肉体と精神との苦痛をこらえてロンドンにたどり着いた。 ...
  • 身重の体で外へ出ることは出来ないし、女中は年をとりすぎていて話し相手にはならない。
  • そのおり彼の新妻は身重であったので、夫と一緒に旅立つことが出来なかった。 ...
  • まもなく裏口から忍び出した吉太郎の姿を見ると、全身重装備をしている。 ...
  • 奥さんが身重になり、二人はよく生れてくる赤ん坊の育てかたなど相談しあいました。 ...
  • レティーは身重みおもなので、通りをけていくわけにはいかないのです。 ...
  • そろそろ臨月に入った身重の体でさぞ心細い夜を過ごしているにちがいない。 ...
  • 身重みおもになっているのを勘定したら何十人いるかわかりませんよ。
  • そして恭子は、桑名の城の屋敷から、身重の体のままで出奔しゅっぽんしたのだ。 ...
  • 身重でずっとふさぎがちだったのだが、寧温の名前を聞いたら明るくなってな。
  • ここに身重の妻を残したまま去ったのである。 ...
  • 主婦が身重でなかったら逮捕され、自白を作り上げられていた可能性が高い。
  • 彼女が身重だと言うことは、お腹の大きさですぐにわかった。 ...
  • そうと知った時、急に身体が重く感じられた、それは身重のせいばかりではなかった。 ...
  • 身重の妻アグネスは寒い森の中で出産したが、産褥で死んでしまった。 ...
  • 外から見た限りでは祥子の身重はわからなかったが、今が最も用心しなければならぬ時だ。 ...
  • 次へ