身重の女

12 の例文 (0.00 秒)
  • ある身重の女が奈半利へ向かうために峠を歩いていた。 ...
  • あたしのような、身重の女は果物が大好きになるもので、死んでも食べたいと思うのです。 ...
  • 必死に踊り続けるのは、老水兵や身重の女、スター志願の女優など様々であった。 ...
  • 召集の連絡がおくれて明日入隊と言う日に、ロクさんは親にも話していなかった三カ月の身重の女を女房として突然連れて帰ったわけだから、向うは驚いたに違いない。 ...
  • そこでおじいさんは3人に戦争中、生きるためにジャングルの村の身重の女の人を殺した話を語り、終戦後、結婚していた妻とは連絡を取らずに姿を消したと話す。
  • 今その家の名をこの和尚の口から聞き、しかも身重の女を守護してその家を訪ねよとわるることは、兵馬にとって奇異なる思いをせずにはいられないのであります。 ...
  • 朝薫の後ろで身重の女が退席すると耳打ちする。 ...
  • 名もない、一人の貧しい、身重の女が全身から滲み出しているものは、生活に苦しんでいる人間の無限の訴えと、その苦悩の偽りなさと、そのような苦しみは軽蔑することが不可能であるという強い感銘とである。 ...
  • 曲亭馬琴の『石言遺響』によれば、その昔、お石という身重の女が小夜の中山に住んでいた。 ...
  • このようにして若い娘を若い男に変じ、男の魔神ジンニーを身重の女と変じ得た御方おんかたには、同様に、薔薇のしんの中にわが視力の平癒を置くこともできたもうたわけである。
  • ウンタモは兄弟のカレルヴォとのいさかいの末にカレルヴォとその一族を、身重の女一人を残して皆殺しにし、女を連れ帰る。 ...