身重の体

25 の例文 (0.00 秒)
  • 身重の体はふっくらしているが、顔をみるとほおのあたりが細くなっている。 ...
  • 身重の体で外へ出ることは出来ないし、女中は年をとりすぎていて話し相手にはならない。
  • そろそろ臨月に入った身重の体でさぞ心細い夜を過ごしているにちがいない。 ...
  • そして恭子は、桑名の城の屋敷から、身重の体のままで出奔しゅっぽんしたのだ。 ...
  • おまけに初めての子供の出産を六月に控えた身重の体だった。 ...
  • リーは身重の体でスタジオに顔を見せていたが、数週間後に流産し、数ヶ月にわたる鬱期に入ってしまった。 ...
  • それはそれとして、家内は三ヵ月の身重みおもの体でな、はらみ女の欲望というやつのおかげで、どうしてもきみといっしょに寝てみたいという気分になって、これが我慢できんというあんばいなのじゃよ。 ...
  • もっとも、根拠のない希望をいつまでも持続できる状況ではなく、オーバニーに戻ったところでなんのあてもないキースにせよ、身重の体をひとりで支えていかなければならないフランにせよ、それぞれに苛酷な現実が口を開けて持っている。 ...
  • 更に千姫はすでに八か月の身重の体であった。 ...
  • 「るいに聞いたのだが、お千絵どのは身重の体なのだそうだな」 てっきり、健康を害して実家へ行っているとばかり東吾は思っていた。 ...
  • しかしわずか2年後に夫は死去し、彼女は身重の体で、長男カール・アウグストの摂政をつとめることになった。 ...
  • おしんは身重の体を押して田植えをする。 ...
  • 「政吉がきいたところによると、子供の父親を訪ねて、江戸へ来る途中だと申します」 身重の体の、女の一人旅を、みるにみかねて、道づれになったと政吉はいっているらしい。 ...
  • 同時に又、彼は自分の妻にとって、身重の体を引きずって、毎日の仕事をすることがどんなに辛いかに気付き、同情に後悔も加って、進んで妻の手助けをするようになった。 ...
  • 「江原屋へは、知らせに行かねえでよろしいもんでござんしょうか」 身重の体でも、お千絵は畝源三郎の女房であった。 ...
  • そういう時、千姫は必ず忠刻の着替えを持って湯殿へ行き、夫の世話を侍女にまかせないものだったが、流石さすがにこの頃は身重の体が不自由で、なにもかも自分がというわけには行かなくなっていた。 ...
  • 自分にはボクシングしかないと気づくロッキーだが、夫の体を気遣い2度とリングに上がらせたくないエイドリアンは、身重の体でありながら生活のために元いたペットショップにパートタイマーとして働きに出る。 ...
  • 次へ