身重のまま

6 の例文 (0.00 秒)
  • 同母兄の伊周・隆家らは皇子誕生を願って喜んだが、里に退出した彼女は身重のまま没した。 ...
  • その後、祖父と父らが相談して、病気を理由に唐橋を大奥から下がらせ、身重のまま水戸城に移し、男子を出産したという。 ...
  • 彼の地の記録によると、木村重成の妻青柳が身重みおものまま大坂から落ちのびて来てこの村に住みつき、やがて重成の子を生んで死んだとされ、村のおもだった家は重成の子孫伝説を持っていた。 ...
  • 息女がすなわち我が母だが、若ざかりのころ宮中に仕え、やんごとなきお方のお手がついて身重のまま村雲の里にもどった。 ...
  • 最初の妻バネロッセは身重のままオイゲンとともに来日し、仙台で女児を死産、その5日後に亡くなった。 ...