身辺雑記

全て 名詞
42 の例文 (0.00 秒)
  • 身辺雑記のやうなものでも文学はありうる。 ...
  • なる程、誰も、名も知らない人の作文や身辺雑記や印象に興味を持つ筈はないからだ。 ...
  • そのためかどうか、追憶、私なりの考え方、身辺雑記のたぐいが多い。 ...
  • これは実家の経済的没落をきっかけに野外へ出たことで、ただの身辺雑記だけを綴る繰り返しから解放されたことが大きいとされている。
  • その後、昭和期に入っても、身辺雑記のような随筆を発表した。 ...
  • 彼はこの拘置所で、この十カ月間だけメモを書きつづけたが、その内容は身辺雑記にすぎない。 ...
  • 彼が綴っていた身辺雑記は、十月初めを最後にペンがとまった。 ...
  • 息子の嫁に性欲を覚える不能老人の性倒錯が身辺雑記の日記形式で綴られた作品。
  • 吾国の自然主義小説がいつしか身辺雑記的な心境小説に堕していったことに於て、吾々はこの誤りを経験した筈である。 ...
  • その内容は、本人の日々の記録や身辺雑記はもとより、当時の心中・盗難・殺人・姦通なども含む数々の事件や噂話なども記されている。 ...
  • 単行本表紙にも「脱力系身辺雑記」とあるとおり、作者が過去や日常経験したことなどを記した作品。 ...
  • 作者は、過去のブルジョア作家連が、その身辺雑記や折々の写真やらで示す所謂「作家生活」というものを自身の生活にもあてはめようと思い、一面には、そういう作家生活なしに作品はかけぬという激しい不安に捕われたかのようにも想像される。 ...
  • 身辺雑記からイギリス滞在記や科学エッセイ、数学者の評伝に至るまで対象は広い。 ...
  • 同誌での前連載である「西原理恵子の人生画力対決」で描かれた身辺雑記が原型となっている。 ...
  • その後、短編やイラストを雑誌に寄稿しながら、ブログで身辺雑記を綴り話題になる。 ...
  • 今度の随筆集は今までのが或は文学関係とか、或は身辺雑記とか、或は音楽美術とか、多少とも同じ傾向のものを集めて分類してゐたのに対して、主として昭和五十年から五十二年に至る間の随筆エッセイを、ほぼ年代順に集めただけのものである。 ...
  • 一方、謹厳な宗教分野のテーマを追求する純文学作家としての姿を自ら離れ、いわゆるぐーたら物を中心とした身辺雑記等を書き連ねる随筆作家としての自身が創造した別のキャラクターが狐狸庵山人ということになった。 ...
  • 次へ