身体を引き上げる

12 の用例 (0.00 秒)
  • しかしそれから上は傾斜が急で、一寸身体を引き上げるのも容易ではなかった。 新田次郎『槍ヶ岳開山』より引用
  • 必死に幹をよじ登り、体重を支えられそう枝に手をかけて身体を引き上げる。 秋山瑞人『龍盤七朝DRAGONBUSTER 第二回(電撃hp Vol.44)』より引用
  • 窓の縁に飛びついて、腕で身体を引き上げると、向こう側にはもっと広い部屋があるのが見えた。 宮部みゆき『ICO 霧の城』より引用
  • 大男の身体を引き上げるのには、ゆうに一時間を必要とした。 秋田禎信『エンジェル・ハウリング 第04巻』より引用
  • 自分の身体を引き上げる力がなんなのか、それは分からなかったが、体力やそういったものでないのは確かだった。 秋田禎信『エンジェル・ハウリング 第03巻』より引用
  • 一般的には高い棒に手をかけてぶら下がり、腕や広背筋、大円筋の力を使って顎が棒の高さに来るまで身体を引き上げるものを指す。
  • が、なんとか腕力わんりょくだけで身体からだを引き上げると、ミズーはつかみ所を探して左右を見回した。 秋田禎信『エンジェル・ハウリング 第01巻 「獅子序章 from the aspect of MIZU」』より引用
  • 次いで長剣を上にし、腕の力で身体からだを引き上げる。 喬林知『今日からマ王 第09巻 「地にはマのつく星が降る!」』より引用
  • ニーは、壁にむき出しになっているバイオ・マッスルの筋を掴んで、身体を引き上げると、左の操縦グリップを前にしながら、右の操縦グリップを肩口かたぐちで押しもどして加速をかけた。 富野由悠季『オーラバトラー戦記 03 ガロウ・ラン・サイン』より引用
  • フェンスの上部に両手で取り付き、懸垂の要領で一気に身体を引き上げると、右足を掛け、向こう側へ飛び降りた。 永瀬隼介『サイレント・ボーダー』より引用
  • とくに、他の山系と異なり、岩の性質上スタンスが乏しく、鎖を全力で握り腕力で身体を引き上げることを強いられる箇所や、ヤセ尾根で両側がともに100m以上切れ落ちているような危険箇所がしばしば現れ、腕の力が尽きたり、ほんの一度躓いたりしただけで、命を落とす最悪の帰結につながる。
  • ベリットを追って筏に泳ぎつき、身体を引き上げる。 エディングス『エレニア記4 永遠の怪物』より引用