身体を動かさず

17 の例文 (0.00 秒)
  • 身体を動かさずにいると、可恐おそろしい子供の呼声が耳の底の方で聞える。 ...
  • 右目がほとんど見えなかったため、打席では身体を動かさず構え打ちに出た。 ...
  • ただ、眼をつぶって、身体を動かさず、しかし私のなすがままになっていました。 ...
  • そうでないときは身体を動かさずに、じっとしている。 ...
  • 内彦は身体を動かさずに、飛んで来た槍の柄を刀でね飛ばした。 ...
  • 利休は、炉の前に坐ったまま、茶杓ちやしやくをとる様子もなく凝然と身体を動かさずにいた。 ...
  • 気温が上昇するまで、身体を動かさずにいることだ。 ...
  • ただ音楽に合わせて、できるだけ身体を動かさずにリズムに乗っているだけがせいぜいだった。 ...
  • 僕なぞはあの窓のところに横に成ってサ、こうじっと身体を動かさずにいたこともあった。 ...
  • まだ会話は続いているが、最初のうちに見られたアクションは減ってきて、なるべく身体を動かさず、エネルギーを消耗しないように話をするようになるのだ。 ...
  • 婦人は身体を動かさず、つねに同じ姿勢で身をそらし、ひじをまるめ、唇を前につき出していた。 ...
  • 彼女は楽譜から目をそらさず、唇をギュッと結んで、ほとんど身体を動かさず、背中をまっすぐのばして坐っていた。 ...
  • 内彦は身体を動かさずに猪喰の気配を探った。 ...
  • そのあと久原房之助に健康法をきいたら、「老人になったら、身体を動かさず、しずかに一日をおくることです」と答えた。 ...
  • 身体を動かさず内面のみの気で闘う。 ...
  • しかし、新聞記者や弁護士は初めのうちだけで、引き続きやってくる活動家と称する連中にしたところで、寝泊まりして飲み食いする割りには身体を動かさず、「ツケは全部こっちに回ってくる」と、母親がなげくことになる。 ...