身をかくす場所

17 の例文 (0.00 秒)
  • ナポレオンは走って身をかくす場所もなく、その場にぱたりと身を伏せた。 ...
  • その目は、まるで身をかくす場所を求めるかのように、せわしなく動いている。 ...
  • この島が裸の島で、木一本生えておらず、身をかくす場所もないことを彼は知っていた。 ...
  • だが、道はまっすぐで狭く、身をかくす場所とても見当たらなかった。 ...
  • 大佐、それまでに身をかくす場所をきめておいてください。 ...
  • 木々はすでに身をかくす場所にはならなかったので、木の近くを通るために道からそれるようなまねをしなかった。 ...
  • 必要とあれば、税関吏や憲兵から身をかくす場所にもなります。 ...
  • 蛙岩の岩群のどこかに、きっと身をかくす場所はある。 ...
  • 別荘の近くには、身をかくす場所もなかった。 ...
  • 通廊は見わたすかぎり直線で、身をかくす場所もない。 ...
  • 周囲は、身をかくす場所もない草原だった。 ...
  • 身をかくす場所を求めて、ソロはぐるっと旋回した。 ...
  • その内部は至って簡素で、大理石の祭壇のほかには何の装飾もなく、身をかくす場所など一つも見当らなかった。 ...
  • 熔岩の流出から身をかくす場所の全然ないこの狭い海岸地帯で切迫した災禍におびえ、しかもバック・カップが完全に崩壊するのではないかという不安すら抱いたこの家族たちは、ぐずぐずせずに逃げ出した。 ...
  • やっとおきあがりますと、ブロンディーヌは、どこか身をかくす場所はないかと、あたりをみまわしましたが、付近には、石ころとイラクサしかありませんでした。 ...
  • だから、わたしは船倉にかくれ場所をつくるのがよかろうと判断し、荷止め板をすこしずらし、船の巨大な肋材のあいだに、うまく身をかくす場所をこしらえた。 ...