身の回り品

87 の例文 (0.02 秒)
  • 人間並みの住処と身の回り品を与えられ、軍人としての生活が始まった。 ...
  • 馬車から降りる際、身の回り品が入っていた鞄が盗まれているのを知った。 ...
  • 足元には、身の回り品だけを詰めたようなボストンバッグが置いてある。 ...
  • その後、ヴァルランの遺体からは時計など身の回り品が略奪された。
  • しわくちゃの服や身の回り品が床とベッドに散らかっていた。 ...
  • 「身の回り品をとりに運搬人を連れてすぐにもどってくる」ディヴィッドがいった。
  • 午後の三時からずっと、私はその準備のために手を取られていたの、証書に署名したり、身の回り品を見たりね。 ...
  • 美晴の身の回り品が、前にも増して派手になったことだ。 ...
  • 突然の逮捕であったため身の回りの整理もできず、持ち込みも制限されたため、身の回り品を留置所で購入した。 ...
  • 朝食をすませると、一同は身の回り品をふたたび詰めて、荷物を厩へ運んだ。 ...
  • おろす荷物は乗客の身の回り品ばかりではない。 ...
  • 彼に頼んで、ホテルに置いてある俺の身の回り品と取材用機材一式を、港に届けてくれるよう手配してもらった。 ...
  • この頃のクラクフでは、王が死ぬと妻や召使いらが殉死し、墓には武器や身の回り品ばかりか犬や馬も一緒に葬る慣わしが続いていた。 ...
  • 絵画表現以外に、衣服・建築物・家具・身の回り品・雑貨などに用いられることがある。 ...
  • 革命でそれをすっかり没収されてしまい、わずかばかりの身の回り品をパリへ送っておいて、身一つで逃げ出した。 ...
  • 大部分の者たちはぼろをまとい、持てるだけのわずかな身の回り品をかかえている。 ...
  • 持参してきたものといえば、ありあわせの身の回り品だけで、熱海行きの時と、まったく同じであった。 ...
  • 毎日のように銀座の高級クラブに通っていたし、贅沢品を含めて彼女の身の回り品一切を負担していたわけだから、一月にかかる費用は今の金額にして二百万円は下らなかったのではないか。 ...
  • その日、いったん横浜の自宅に戻った彼は、必要な身の回り品をもって、車ですぐの距離の『みなとみらい21』にある超高層ホテルに五日間の予定で部屋をとった。 ...
  • 月に数回、東京に帰る時や、地方や海外に出かける時、先生は身の回り品を大きなスーツケースに詰め込んで、部屋を後にする。 ...
  • 幼児を連れた人々を乗せた大きな浮き台に、きちんとくるまれた身の回り品の重さのない包みが、いくつもくくりつけられていた。 ...
  • 具体的には材質や色、またはデザインがまったく異なる衣類、靴、装備を用いたり、時代に合わない身の回り品を使用する者を指している。 ...
  • 荷物その他の身の回り品を取ってこよう。 ...
  • ホテル滞在中、男は、品物あるいは身の回り品でいっぱいのパープルのビニール袋をもって建物を出るところを防犯カメラで撮影された。 ...
  • およそ半年分の身の回り品すべてを背負っての旅は楽ではなく、旅路では気晴らしに初めて同道する若者に余興に芸をやらせて笑いに興じた。 ...
  • これは船旅で中国大陸などから来る客は、二ヵ月間を過ごすためのドレスや身の回り品をたくさん運んで来るので、それを収納できるようにしたのだ。 ...
  • 五時になると彼はベルを鳴らして召使を呼び、ロンドン行きの夜の急行に間に合うように身の回り品を荷造りし、八時半までに四輪馬車を来させるよう命じた。 ...
  • 泰子さんら一家四人、容子さんとその二人の子供の計七人は、多少の現金と最小限の身の回り品をあわただしく用意し、ビッチ医師らが提供してくれた二台の車でホテル・プノンに向かった。 ...
  • 次のページ