身のけ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 後に彼はこの場所を今まで見た中で最も身の毛のよだつ家だったと述べた。 ...
  • 死はそれ自身としては彼には身の毛のよだつほどには思われなかった。 ...
  • 私はあの顔からあの声が出るのを聞くと思わず身の毛がよだつ思いがする。 ...
  • 想像はしていても、現実に見ると身の毛もよだつ光景が展開していた。 ...
  • その時に、お君は身の毛が立って馬の上にも居堪いたたまらないような気がしました。 ...
  • 危険を感じると、全身の毛を逆立て体を大きく見せることで威嚇をする。 ...
  • だから今洋行中の手紙などをみると恥しくて身の毛がよだつ思いがする。 ...
  • 身の毛のよだつようなことだが、わたしがしたのはまさにそれだった。 ...
  • 自宅の門をくぐろうとした僕を、身の毛もよだつような声が呼び止めた。
  • 僕を引裂くすべてのものに、身の毛のよ立つものに、死の叫びに堪えよ。 ...
  • 僕を引裂くすべてのものに、身の毛のよ立つものに、死の叫びに堪へよ。 ...
  • 関東の大名どもはみなしたを巻き、身の毛をよだたせているに相違ない。 ...
  • これをた、みんなのからだは、きゅうにぞっとしてがよだちました。 ...
  • 設定では全身の毛から電気を発生させる能力を持つとされる。 ...
  • 地面を引っ掻くような、かれらの足音を耳にすると、身の毛がよだった。 ...
  • 鼻の表現の影響の深刻さ、ここに到って実に身の毛も竦立よだつ位であります。 ...
  • 次の瞬間、そこでは身の毛もよだつようなことが起ころうとしていた。 ...