身に万一

32 の用例 (0.00 秒)
  • 祝家荘のほうでもずっと観戦していたが、一丈青の身に万一のことがあってはと、急いで吊り橋をおろし門をあけ、祝竜みずから三百余の手勢をひきつれて、宋江を捕らえんものと馬を飛ばし槍をかまえて打ち出てきた。 施耐庵/駒田信二訳『水滸伝(四)』より引用
  • と、遠くへ呼びたて、その佐野十郎にわけを話して、小右京の身に万一のないよう、途中を兵に守らせて、宿まで送ってやれ、といいつけた。 吉川英治『私本太平記』より引用
  • まもなく邦良は健康を回復したものの、この措置は、邦良の身に万一の事態があってその系統が断絶しても、それに代えて邦省を後二条流皇統の嫡流と定め、後醍醐流皇統に優先させる意図が後宇多にあったことを推測させる。
  • おそらく弥兵衛のほうだって、おいそれと土民たちを奪われることもないだろうが、そうした争奪のあいだに、土民の誰かの身に万一のことが起らないとも限らない。 辻邦生『天草の雅歌』より引用
  • 中大兄も初めは阿曇比羅夫を遣わす気はなかったのだが、豊璋王子の身に万一のことがあっては、日本の百済救済計画が根本から崩れると思い直し、手持ちの駒の中で最も有力なものを使うことにしたのである。 井沢元彦『日本史の叛逆者 私説・壬申の乱』より引用
  • 彼女は泣いてヒステリックになりながら、彼女と雇い主のペンジェリーのあいだで、『密約』があったこと、妻の身に万一のことがあれば、その場合は、結婚するとペンジェリーが約束したことなどをみとめた。 クリスティ/小西宏訳『「ポワロ参上!」4』より引用
  • それに第一あの秋山様は世間の噂では、随分性質たちの悪いお方だそうでおざりまするで、どうぞ貴方のお身に万一の事がなければよろしいがと老爺おやじはそればかりを案じておりまする。 押川春浪『月世界競争探検』より引用
  • ムッソリーニから、グランディが「大政奉還決議」を出していることを知らされ、政治家の夫の身に万一を案ずる妻の鋭いカンから出た言葉であった。 木村裕主『ムッソリーニを逮捕せよ』より引用
  • 牢人者のなかには、夜陰に乗じて、対岸に泳ぎつき、見張りから武器を奪って、ゼーランディア城に攻めこむことを主張する者もあったが、弥兵衛の身に万一のことがあっては、という慎重論に押えられた。 辻邦生『天草の雅歌』より引用
  • 秀忠の身に万一のことある時、その機会をつかんで、臥竜は雲を呼び、猛虎は風にうそぶいて、驚天動地の大波乱をき起すのではないか。 南條範夫『駿河城御前試合』より引用
  • もしも、私が身に万一のことあれば、この巾着をそえて磯子を、江戸の松前屋敷内、永倉嘉一郎方へとどけてもらいたいと、小常につたえてもらいたい。 池波正太郎『幕末新選組』より引用
  • 孫堅は、長男の孫策が、すでに夜の明けないうち、十艘ばかり兵船を率いて、先駆けしたと聞いて、「頼もしいやつ」と、口には大いにその健気さを賞したが、心には初陣の愛児の身に万一の不慮を案じて、 「孫策を討たすな」と、急ぎに急いで、敵の〓城へ向った。 吉川英治『三国志(二)』より引用