身に万一のこと

24 の用例 (0.00 秒)
  • ロバートは自分の身に万一のことがあったら、新しい幸せを探せという。 森村誠一『ミッドウェイ』より引用
  • 途中まででやめて、もし今夜自分の身に万一のことがあったら、後で困るだろう。 赤川次郎『女社長に乾杯!』より引用
  • もし、私の身に万一のことがあったら、これを開けて下さい。 赤川次郎『忘れられた花嫁』より引用
  • あの子の身に万一のことがなければよいが! ガボリオ/松村喜雄訳『ルコック探偵(上)』より引用
  • あの人の身に万一のことでもあれば、これからさきの長い将来を、なにを楽しみに生きて行くことができるだろう。 横溝正史『憑かれた女』より引用
  • 夫人の身に万一のことがあったら大変です。 胡桃沢耕史『女探偵アガサ奔る』より引用
  • 彼の身に万一のことなどあるわけがない。 丈月城『カンピオーネ! 04 英雄と王』より引用
  • 御入内を間近に控えていながら、お姫さまの身に万一のことがあればどうなることか。 福永武彦『風のかたみ』より引用
  • 正義の味方もけっこうだけれど、正純さんの身に万一のことがあったら、私はどうなるのよ。 森村誠一『棟居刑事の推理』より引用
  • まあそれでも田島さんの身に万一のことがあっちゃいけないから、とりあえず保険には入っていただきますがね。 東野圭吾『殺人の門』より引用
  • そのなかに、じぶんの身に万一のことがあれば、下手人はなぞ坊主の春雪だとかいてあるんです。 横溝正史『人形佐七捕物帳 15』より引用
  • あるいは私の身に万一のことが起るかもしれないが、私の信念が彼らの強要に屈することは断じてない。 角田房子『一死、大罪を謝す』より引用
  • あるいは自分の身に万一のことが起るかもしれぬが、私の信念が彼らの強要に屈することは断じてない。 半藤一利『日本のいちばん長い日』より引用
  • 姫の身に万一のことでもあれば、皺腹を切っても追いつかないことだったと、舟木又兵衛は声をつまらせた。 平岩弓枝『御宿かわせみ 12 夜鴉(よがらす)おきん』より引用
  • もしただいま茂作の身に万一のことでもございましたら、稲見の家は明日が日にも世嗣よつぎが絶えてしまうのでございます。 芥川龍之介『杜子春・南京の基督』より引用
  • 己が身に万一のことがあれば、虎菊は幼少である、何時加藤家に家康の無理難題が押しつけられるか測り難い。 五味康祐『刺客(せっかく)』より引用
  • 郭盛は呂方の身に万一のことがあってはと、馬を乗り出し、方天の画戟をかまえつつ陣を飛び出して行って曾塗をはさみ討ちにした。 施耐庵/駒田信二訳『水滸伝(五)』より引用
  • 祝家荘のほうでもずっと観戦していたが、一丈青の身に万一のことがあってはと、急いで吊り橋をおろし門をあけ、祝竜みずから三百余の手勢をひきつれて、宋江を捕らえんものと馬を飛ばし槍をかまえて打ち出てきた。 施耐庵/駒田信二訳『水滸伝(四)』より引用
  • おそらく弥兵衛のほうだって、おいそれと土民たちを奪われることもないだろうが、そうした争奪のあいだに、土民の誰かの身に万一のことが起らないとも限らない。 辻邦生『天草の雅歌』より引用
  • 中大兄も初めは阿曇比羅夫を遣わす気はなかったのだが、豊璋王子の身に万一のことがあっては、日本の百済救済計画が根本から崩れると思い直し、手持ちの駒の中で最も有力なものを使うことにしたのである。 井沢元彦『日本史の叛逆者 私説・壬申の乱』より引用
  • 次へ »