躍ろ

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • もう二三にちのうちには最後の解決が出来できると思つて幾たびむねおどらせた。 ...
  • 僕はそれを聞いていることにどんなに胸を躍らして喜んだことでしょう。 ...
  • 自分が戦士の感情におどらされているのか、自分自身の本当の感情なのか。 ...
  • もう二三日のうちには最後の解決が出来ると思って幾度か胸を躍らせた。 ...
  • あるいは意外の幸運に心も躍って道の遠いのも知らずにゆく人もあろう。 ...
  • ふたたび躍りあがったとき、その白い姿はひとまわり小さくなっていた。 ...
  • 俺はいい日の下に生れ、いい主の下におると、この心が躍り上っている。
  • 家と家の狭い隙間を突っ切って、私たちは深い林の中へと身を躍らせた。
  • 仲間の悲鳴を耳にして、近くにいたピューマの何頭かが躍り寄って来る。 ...
  • 時間がないと思ったことももう忘れ、三衣は胸を躍らせてそこに向かった。 ...
  • 彼は自分の笠となっていた岩盤の一つへ手をかけ、その上に躍り立った。 ...
  • その内の一疋は席を離れて机の角で西洋の猫じゃ猫じゃをおどっている。 ...
  • そんな事態を目の前にして、どうして胸おどらせずにいられるだろうか。 ...
  • これから一週間、彼女の近くにいられるということだけでも、胸が躍る。 ...
  • のみならず震災後の東京の道路は自働車をおどらすことも一通りではない。 ...
  • だが躍っている胸ほどには嬉しさのこもったことばが素直に出てこない。 ...
  • 扉が半分ほど開いたとき、彼女は身を躍らせて侵入者に刃をつきつけた。 ...