蹴あい

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 鉄枴仙人てっかいせんにん軍鶏しゃも蹴合けあいを見るような顔をして平気で聞いている。 ...
  • 老悪魔は、兄弟たちが財産の分けあいで喧嘩もせずに仲よく別れたことがしゃくでならなかった。 ...
  • 衣裳をつけぬ女がけあいどりのように騒ぎまわっていた。 ...
  • そのため家康は城を攻めたが城兵はこれを防ぎ、厳しい鉄砲の打ち掛けあいになった。 ...
  • 鋏はとんでいるから大事はないが、まるで軍鶏しやも蹴合けあいをみるような猛烈さである。 ...
  • 意地の張り合いというかエゴのぶつけあいというか、全く同じ反応をしてしまうのである。 ...
  • 一方、貧乏人は助けあいを主唱しても、得るものこそあれ失うものはそれほどない。 ...
  • そんなときぼくはもうなんの感動も覚えなかったが、しかしいつでも、あるなごやかなとけあい、感情的な予感を覚えた。 ...
  • 全身は中風病みのようになえしびれ、両脚は蹴合いに敗けた雄鶏おんどりのよう。 ...
  • もしかすると、サグの水に卵がなれるための『とけあい』をしてたのかもしれんがね。 ...
  • すればマイルズはベルに電話して、ベルの安眠もまた台なしになることうけあいだった。 ...
  • それ故に、プルードンの思想は技芸を持った職人や土地を持った農民から支持されていたが、かれは田舎の農民や職人の助けあいが社会の革新手段として位置づける一方で、労働者の団結と闘争は犯罪であるとする反時代的な見解を持っていた。 ...
  • 「おれだってなあ、自分に似た女の子が欲しいと思ったことは一度だってなかったよ」 そんな不満のぶつけあいは、夜遅く、夫婦だけになったときに行なわれたが、狭いマンションゆえに子供部屋までその会話は筒抜けになっていた。 ...
  • シャモが蹴あいをやる、その前に、まず睨めッこをして相手のすきを伺う、それのようだった。 ...
  • 高度な理念と哲学のぶつけあいから、個人的な中傷へと。 ...
  • これこそ、ドリトル先生が長いあいだあたためていた計画けいかくで、これを上演じょうえんしたら、ロンドンの聴衆ちょうしゅうがすっかり魅了みりょうされることは、うけあいだと思うといいました。 ...
  • 私の眼にも判る一大きさサイズ小さなゴブラン織りの宮廷靴が、蹴合けあいに勝って得意な時の鶏の足のような華奢きゃしゃな傲慢さで絨毯の毛波ケバを押しつけていた。 ...