踊る

全て 動詞
4,212 の用例 (0.01 秒)
  • ロケットを踊られているのを見た時から、ひと目でファンになりました。 林真理子『野ばら』より引用
  • ひげ剃りということは踊っていない時でもなかなかの注意が必要なのだ。 ディケンズ/村岡花子訳『クリスマス・カロル』より引用
  • 僕に物を書けといふのは、死者に踊れと云ふやうなものではあるまいか。 森鴎外『追儺』より引用
  • その嬉しさに、疲れた身体からだを踊らせながら女王様の前に帰って来ました。 夢野久作『ルルとミミ』より引用
  • 父から彼は、嘗て西部アメリカの話を聞いて胸を踊らせた思ひ出がある。 牧野信一『「悪」の同意語』より引用
  • 踊っているの中心にはいってしまえば、歩いているだけでいいという。 山口瞳『江分利満氏の華麗な生活』より引用
  • やっさ踊りは、主に広島県三原市で行われるやっさ祭りで踊られる踊り。
  • 銀髪の婦人はいい気持ちに踊っていたので、少しもそれを知らなかった。 大倉燁子『梟の眼』より引用
  • そのほかに活動映画の先祖とも言われるべき道化人形の踊る絵があった。 寺田寅彦『映画時代』より引用
  • 相手が見つからなくても、周囲の女がみんな相手だと思って踊ればいい。 阿刀田高『花惑い』より引用
  • 鍵の回転が進むにつれて、彼自身も鍵穴のまわりを踊るように回転した。 カフカ/川崎芳隆訳『変身』より引用
  • 思ったとおり、森の中から踊ったり歌ったりしているのが聞えてきたんだ。 日本民話の会編訳『世界昔ばなし(上) ヨーロッパ』より引用
  • 町の外の野で、明るい秋の日光の中にからすみたいに踊っている男があった。 山田風太郎『海鳴り忍法帖』より引用
  • 画面では世界各国の子供達が、アルファベットの形を真似まねおどっている。 喬林知『今日からマ王 第12巻 外伝 「息子はマのつく自由業!?」』より引用
  • 校庭で踊るようになる以前は踊り堂とよばれた寺の堂内で踊られていた。
  • 水を通して外を見るように、まわりを踊る古代人の姿がゆらめいている。 板東眞砂子『死国』より引用
  • 彼女はまもなく奇妙な踊るような足どりで草の上をすべるように過ぎた。 ムーア『暗黒神のくちづけ―処女戦士ジレル』より引用
  • 火に取り巻かれた屋根の上でしきりに歌いながら踊っている人が見える。 永井隆『長崎の鐘』より引用
  • そこに矢絣やがすりの着物を着た娘三十人くらいが桜の枝を持って踊っている。 青島幸男『わかっちゃいるけど… シャボン玉の頃』より引用
  • またその老人は、前方で踊るもう一人別の老人の背中を眺めているだろう。 新井満『尋ね人の時間』より引用
  • 次へ »