距離を稼ぐ

29 の用例 (0.00 秒)
  • 昼のあいだに距離を稼がなくてはならないが、敵の攻撃も激しくなるだろう。 菊地秀行『吸血鬼ハンター09a D-蒼白き堕天使1』より引用
  • 朝の雪が堅くひきしまっている間にできるだけ距離をかせいでおくためである。 森村誠一『密閉山脈』より引用
  • この方法で、一回に三百メートルずつ距離を稼ぐことができた。 ジョン・ヴァーリイ『ティーターン』より引用
  • 足の指で這うように距離をかせいでいたガッシュが、その一瞬に動に転じた。 ベニー松山『風よ。龍に届いているか(下)』より引用
  • 少女は身をひねり、地面を転がる事でようやく一歩分の距離を稼ぐ。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第03巻』より引用
  • 明るいあいだにできる限り距離を稼ぐ必要があった。 佐藤大輔『皇国の守護者1 反逆の戦場』より引用
  • 射撃を受けることなく、広場の三分の二の距離を稼いだ。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の紋章 03 異郷への帰還』より引用
  • 三十センチ単位でじりじりと距離きょりかせぎながら、ようやく残り五十メートルを切ったあたりで。 古橋秀之『ある日、爆弾が落ちてきて』より引用
  • 距離を稼ぐなら、その後に続けて自律バスに乗り換える必要がある。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第10巻』より引用
  • 隆志たちから充分じゅうぶん距離きょりかせぐと、周りに人がいないのを確認かくにんし、妖狐ようこの姿になった。 山本弘/友野詳/清松みゆき/西奥隆起『妖魔夜行 幻の巻』より引用
  • この間にできるだけ距離をかせいでしまうのだ。 森村誠一『黒い墜落機(ファントム)』より引用
  • 距離を稼いだニルフィリアは|微笑《ほ ほ え》みながら手を空に伸ばした。 雨木シュウスケ『レジェンド・オブ・レギオス 第02巻 イグナシス覚醒』より引用
  • 未踏のエリアを進むには不適当とも言えるほどの早足で、俺たちはかなりの距離をかせいでしまっていた。 ベニー松山『風よ。龍に届いているか(下)』より引用
  • この二日間は距離をかせぐことを第一の目的として行動してきたが、そろそろ金の節約に重点を置くべき時だろう。 秋山瑞人『イリヤの空、UFOの夏 その4』より引用
  • 一定以上の距離を稼がないと、どうしても避けられない。 同人『魔法使いの夜~Wicth on the Holy Night~』より引用
  • 今は、少しでも距離を稼いでおかなければならない。 貴志祐介『クリムゾンの迷宮』より引用
  • いまのうちに距離を稼がねばならない。 小川勝己『葬列』より引用
  • ある程度足で距離を稼がなければなるまい。 森村誠一『棟居刑事の断罪』より引用
  • が、おそらく一定以上の距離を稼いではいない。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第08巻』より引用
  • 追い詰められたときは南側に向かって大きく飛び、斜面の分だけ飛距離をかせぐ方法だ。 川上稔『AHEADシリーズ 01 終わりのクロニクル①〈上〉』より引用
  • 次へ »