足を無理やり

7 の用例 (0.00 秒)
  • 疲れ切った足を無理やり動かして、僕はまた走り出した。 暁works『るいは智を呼ぶ② 花城花鶏』より引用
  • そして夕子の足を無理やり広げると、その中に顔を埋めた。 吉田修一『最後の息子』より引用
  • 地面に張りついたような足を無理やりはがし、年輝は振り返った。 岩本隆雄『イーシャの舟』より引用
  • 古市は苛々いらいらとした口調で言うと、靴に足を無理やりねじ込んだ。 赤川次郎『プロメテウスの乙女』より引用
  • 「おい」前を歩く芥の足を無理やり止めた。 初野晴『水の時計』より引用
  • ウロウロと歩き回りたくなる足を無理やり止め、落ち着くために、自分で紅茶を淹れてみる。 円まどか『ソルフェージュ~Sweet harmony~(web小説)』より引用
  • 私は走ることも立止ることも出来ず、重い足を無理やりに運ばせながら、叫ぼうとしても声は出ず、殆んど息もつけないで、ただ空の方を見あげたが、空は黒ずんで星影一つなく、遙の彼方に繁華な街路の灯が、不気味な薄赤い色を濁った大気に映していた。 豊島与志雄『都会の幽気』より引用