足を洗う

全て 名詞
236 の例文 (0.01 秒)
  • 旅籠時代には土間で客の足を洗うことが最初の仕事だった。 ...
  • 海でも傷まず、足を洗う際に楽であるため、必需品とされている。 ...
  • これを最後に足を洗うと決めたブライアンはドミニクとの最後のレースに挑むのであった。 ...
  • 若い時に取っておいた大型自動車免許証だけが、足を洗う私の頼みの綱でした。 ...
  • また家族を回復させる聖霊運動である父の学校にも、時期を問わず夫が妻の足を洗う洗足式がある。 ...
  • しかしハリーは、裏社会から足を洗うために、堅気の職に就くことにする。 ...
  • この男も、私が足を洗うと聴くと「それじゃオレも」と堅気になったのです。 ...
  • その婦人が言うには足を洗うことは、謙虚さと従順のしるしを意味するとのことである。
  • けれどもわたしはだんだんに海にあきてきて、とうとう船乗生活ふなのりせいかつから足をあらうことになりました。 ...
  • 手足を洗う水音がして、靴ではなく、下駄をつっかけて戻って来た。 ...
  • そこでバレーボールから足を洗う決意をしたなみほは、妙に熱心に練習に励む。 ...
  • これを最後に足を洗うと自分に言い聞かせ、だが、子供相手の仕事に気が進まない。 ...
  • 一人は、湯と布切れを持って来て、私の足を洗う。 ...
  • いずれも結婚の相手でないとすれば、永瀬の世話になった方が、足を洗うのに都合が好いようであった。
  • しかしその男の出獄まで、幸いにも彼女は年期が開けて足を洗う事ができたからよかった。 ...
  • 最初の晩はいやに話せるふうで、あっしが船乗りの足を洗うだけのものは出してやると言ったんだ。 ...
  • スペンサーはジェンと一緒になるために、殺しの仕事から足を洗う決断をする。 ...
  • 次へ