足を洗う女たち

13 の例文 (0.00 秒)
  • 俺には俺なりの、『主の足を洗う女たち』がM美術館に展示されては困る事情というものがあるのだ。 ...
  • 俺たちが作戦に成功したのち、なんらかの手段を使って『主の足を洗う女たち』を手に入れようと考えているのか。 ...
  • 俺一人の力で、『主の足を洗う女たち』がM美術館に展示されるのを阻止するほかはないのである。 ...
  • しばらく待ってから、俺は絹糸を引き、注射器を『主の足を洗う女たち』から抜いた。 ...
  • 俺は『主の足を洗う女たち』を奪う可能性、駱駝らくだが針の穴を通るにも似たごくヽヽ乏しい可能性に思い当たったのだ。 ...
  • パラフィン紙でしっかりと包装されてあったが、大きさからいって『主の足を洗う女たち』にまちがいない。 ...
  • M美術館に展示された後はもちろん、移送中も終始、『主の足を洗う女たち』に手をつけることはできないのだ。 ...
  • M美術館にひとたび展示されてしまえば、誰であろうと『主の足を洗う女たち』にふれることは不可能なのである。 ...
  • 要は、『主の足を洗う女たち』が贋作であるという事実を、広く世間に知らしめれば済むことなのだ。
  • みごとに、注射器は『主の足を洗う女たち』に命中していた。 ...
  • 注射器はゴムの力で、パラフィン紙を通して、青い絵具を『主の足を洗う女たち』に注入しつつあった。 ...
  • 「だけど、六分の間に、『主の足を洗う女たち』を盗むなんて不可能ですよ」 「不可能だ」 座席に体を滑り込ませながら、俺は陽気に答えた。 ...