足を洗うこと

36 の例文 (0.00 秒)
  • 本来の目的を達成したことで、俺は晴れてヤクザから足を洗うことになった。 ...
  • 富樫の収入が安定していたから、靖子は水商売から足を洗うことができた。 ...
  • だから彼女は、ギャンブルから足を洗うことはできないのであった。 ...
  • こうして君子は十年という長い間の旅芸人から足を洗うことができた。 ...
  • そろそろ真剣に、諜報の世界から足を洗うことを達也は勧めたくなってきた。 ...
  • 旅籠時代には土間で客の足を洗うことが最初の仕事だった。 ...
  • その婦人が言うには足を洗うことは、謙虚さと従順のしるしを意味するとのことである。
  • けれどもわたしはだんだんに海にあきてきて、とうとう船乗生活ふなのりせいかつから足をあらうことになりました。 ...
  • 足を洗うことを条件に朝倉は高畑殺しを命じられたが、失敗した上に2年の刑を受けた。 ...
  • 性格そのものが〝革命〟的にできているから、そうかんたんに足を洗うことができないのだ。 ...
  • ベルグソンもいっているように、私どもは同じ河の流れに、二度と足を洗うことはできないのです。 ...
  • 事の成り行きは、ポールを深く反省させ、彼は犯罪から足を洗うことを決意する。 ...
  • ジュリエットのために悪事から足を洗うことを決意したケイシーだったが、彼女が重い病気を患っていることが判明する。 ...
  • こうなると彼も今はもう大行山中さんちゅうの大盗の頭目として、悪業の足を洗うことはできなかった。 ...
  • まさか「私のライフ・プランはテロリズムから足を洗うことです」などといえはすまい。 ...
  • 医師から回復のめどはないと言われたスプーンは、きっぱりとドラッグから足を洗うことを決意する。 ...
  • イエス・キリストが生きていた時代では、足を洗う行為は奴隷が主人に行うものであり、信徒同士で足を洗うことは謙遜を覚える行為とされる。 ...
  • 次へ