足を引き摺りながら

17 の例文 (0.00 秒)
  • そんなある日、三千代が足を引き摺りながら代助の自宅を訪ねる。 ...
  • かすかに足を引きりながら部屋を出て行く彼女の肩は落ち、身体全体がひとまわり縮んだように見えた。
  • わたしくびをすくめていたあしりながらあるつづけてゐた。 ...
  • 弟は勉強は小林くんなんかよりはるかによくできたからいじめられることもなく、中学に入るまでは足を引き摺りながらも草野球をしたりしていた。 ...
  • すくんだ足を引き摺りながらそっと引っ返そうとした時に、女のひかりは吹き消したように消えた。 ...
  • 西武時代晩年には腰痛等の影響で指名打者での出場もあり、本塁打を打った際に足を引き摺りながらベースランニングするといった光景も見られた。 ...
  • 再び決意を新たに、ギルマンは振り向き足を引き摺りながら不吉な古屋敷へと帰っていった。 ...
  • 私が顔を上げると、店の前にいた中年男が、驚いたような、喜んでいるような、結局のところは泣き出すに違いない顔をして、足を引き摺りながら、森岡に歩み寄ってくるところだった。 ...
  • この考えがすっかり頭の中を占領すると、彼はそっと起き上がって、上靴すりっぱを穿いたまま戸口の方へ足を引き摺りながら歩み寄った。 ...
  • この足首の故障が悪化し、足を引き摺りながら試合するなど次第に精彩を欠くようになり、早めにキャリアを終える原因になった。 ...
  • 車道に下りると、ヨロヨロと足を引き摺りながら、街に入った。 ...
  • 男は携帯電話をポケットに戻すと、足を引き摺りながら、それでも行き先を把握している者に相応しく、背筋を伸ばして進み、細い道に入る。 ...
  • 徳次も脚気の気味だったので、重い足を引き摺りながら北沢まで出て行って、門前の茶屋に持ち合わせていると、大勢のなかに年ごろ四十三四の浪人ふうの男がいる。 ...
  • また第2戦でパリッシュの足の上に着地したことにより、痛めていた足首をさらに悪化させてしまったケビン・マクヘイルは、足を引き摺りながらもコートに立ち続け、21得点10リバウンドを記録し、さらにディフェンスではレイカーズのウォージーを13得点3リバウンドに抑えるなど、攻守両面で活躍。 ...
  • 第4Qに入るとレイカーズはウェストが第4戦で痛めた足を引き摺りながらも懸命な巻き返しを見せ、残り3分には100-103にまで追い付いたが、チームが追い上げムードのこの時間帯にチェンバレンはリバウンドの着地に失敗して足を挫いてしまい、ベンチに座っていた。 ...
  • ラッセルの不在をセルティックスは辛うじて1勝2敗で切り抜け、第6戦にはラッセルが足を引き摺りながらも戻ってきたが、ペティットの一世一代のプレイ、50得点でセルティックスは破れ、連覇の夢は叶わなかった。 ...