足し前

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • その時透明な空気の画布カンバスの中に暗く描かれた女の影は一足前へ動いた。 ...
  • そのきりの深いといっては、つい二足三足前がやっと見えるくらいであった。 ...
  • 彼はこのような機会を利用してお小遣のたし前を母にたのむのが常であった。 ...
  • が、一足まえへ出たとたんに何かが彼の向う脛にあたってころびそうになった。 ...
  • 若人は思い出した様に又笑って着物をひるがえして一足前に進む。 ...
  • 勝手元の小物だの惣菜だのを買う時にはその縫い賃を足し前にしている。 ...
  • そのうちの二三枚を馬淵の内儀さんが分けてもらって小遣い銭の足し前にしていた。 ...
  • ですから彼らは毎日街で托鉢たくはつをして歩き、乏しい収入のたしまえにしたのです。 ...
  • が、次の瞬間には、ヒョロヒョロと、もう二足前へおびきだされていた。 ...
  • 晩年の二刀流時代は一般的な右足前の正二刀の構えではなく、左上段の構えの右手に小太刀を持った逆二刀の構えをした。 ...
  • これから長い悲しい旅行をするためには、どうしてもお金を借りなくてはならないのだということを十分承知しょうちしていたし、また自分でもなにかしら、父のために役だてるお金に少しなりと足し前をして上げることができそうな気もしたのであった。
  • レオンが払いきれないと、彼女は気まえよく足し前を出してやった。 ...
  • 一足まえをお新さんは口も利かず、長い廊下をわたり、昔泊り馴れた部屋へ私を案内した。 ...
  • もし是非ともこれを望むとすれば、まとまったいくらかの金をたしまえとして渡さなければなるまい。 ...
  • あとでもっと足し前してもええだ。 ...
  • さあ、これは、ここの勘定のまえにはすくなかろうが、とっておいてくんねえ。
  • 足溝の最先端は足前腔あるいは足孔と言い、種によっては吸盤状となっていたりと多少とも異なっている。 ...