超硬合金

51 の用例 (0.00 秒)
  • それにもかかわらず、超硬合金という共通する材料にそれぞれが辿り着いた。
  • これを体験した藤岡は、超硬合金製の刀を「リアル斬鉄剣」と名付けた。
  • 超硬合金の特徴は硬度が高く、特に高温時の硬度低下が少ないことである。
  • 超硬合金とは、硬質の金属炭化物の粉末を焼結して作られる合金である。
  • 超硬合金と混同されることがあるが、全く別のものである。
  • 超硬合金の事実上の代名詞ともなっている物質で幅広く使用され、不可欠なものとなっている。
  • 代表的なものには電気機関車、航空用エンジン、超硬合金、石油化学製品などがあり、いずれも国内市場でも相当の競争力をもつ。
  • 近年、徐々に需要が増えているのが超硬合金製のタップであるが、その増加傾向は微増である。
  • 超硬合金を材質として用いる場合の留意点は、 などである。
  • このため、超硬合金が採用される分野は耐摩耗性を要求される分野であり、特に切削工具や金型などに採用される。
  • 超硬合金は、耐磨耗性が要求される金属加工用の切削工具の材料として使われている。
  • 超硬合金製のツイストドリルのことを指す場合もある。
  • これは刀身の刃金の部分を超硬合金で作り、耐久性を増すために、その周りを鋼で挟んで造られた日本刀状の形状の刀である。
  • 工具鋼とセラミックスの中間的な材質に超硬合金があり、これは少量使用される。
  • 元は1929年に現在の東芝の前身である芝浦製作所と東京電気が日本初の超硬合金を開発したことに始まり、それを「タンガロイ」と称して市販したのが始まりとされている。
  • 超硬合金を利用した工具は特に超硬工具と呼ばれる。
  • 株式会社タンガロイ()は、主に超硬合金を用いた切削工具の製造・販売を行う日本のメーカーである。
  • 炭素・窒素とも反応してそれぞれ炭化物・窒化物を作り、これらは超硬合金の添加物としてしばしば利用される。
  • 超硬合金は最終的に真空中で焼結しているし、粉末冶金の多くも真空中で焼結された 物が多い。
  • 代表的な超硬合金は、炭化タングステンと結合剤であるコバルトとを混合して焼結したものである。
  • 次へ »