超大作である

8 の用例 (0.00 秒)
  • 太平洋に進出した日本海軍の脅威と戦うアメリカ海軍の末路を、真珠湾攻撃からペナン沖海戦までを描いた超大作である。
  • 総製作費10億円の超大作であり、内3億円で、水深2メートルの滝壺のオープンセットが作られたが、そのセットでの撮影中に事故が発生した。
  • 当時の通常作品の7倍ほどに匹敵する製作費をかけ、何千人ものスタッフ・キャストを動員、1年余りの撮影期間がかかったが、興行的には大成功し、700万人の観客動員を記録した超大作である。
  • 南京事件を題材としたフィクション作品で、中国映画史上最高額となる製作費6億元を投じた超大作であり、2011年の中国の年間総興行第1位と大ヒットし、中国社会に大きな影響を与えた。
  • 中国大陸での大規模ロケーション撮影も駆使した製作費50億円の超大作であり、にっかつ創立80周年の記念すべき作品であったが、それだけの超大作の監督を、映画経験のない素人に託したことが別の意味で話題となった。
  • 五味川純平の同名大河小説『戦争と人間』の映画化作品で、日本映画としては同じく五味川の小説を映画化した『人間の條件』の9時間31分に次ぐ9時間23分の長さを誇る、日活製作による戦争大河超大作である。
  • 前年の1924年に3社合併で設立されたばかりのメトロ・ゴールドウィン・メイヤーが、390万ドルの巨費を投じ、フレッド・ニブロを監督に、ラモン・ノヴァロを主役に製作したスペクタクル超大作である。
  • 共演は王妃の兄フランス王シャルル9世にジャン=ユーグ・アングラード、夫のナヴァール王アンリにダニエル・オートゥイユ、マルゴの不倫相手であり新教徒の青年貴族ラ・モール伯爵にヴァンサン・ペレーズ、母后カトリーヌに大女優ヴィルナ・リージと、豪華キャストを揃えた歴史超大作である。