超大作

164 の用例 (0.00 秒)
  • この映画は空中戦映画の先駆的な超大作として映画史上に名高い作品である。
  • 本作は、1962年に70mmフィルムで製作された超大作映画である。
  • こういう超大作を作らなくなったのは、これらの作品が当たらなかったからだ。 牧場由美『オナニー交遊録』より引用
  • 志功はどうしてこの時期に、表現派を意識したような超大作の制作に向かったのだろう。 長部日出『鬼が来た 棟方志功伝(下)』より引用
  • 松竹の超大作「男性対女性」は八月二十九日に東京劇場で封切られている。 筒井康隆『不良少年の映画史 PART1』より引用
  • 画面の大型化や豪華な超大作も逆にスタジオの一層の収益の圧迫をまねいた。
  • 一つはスクリーンを大型化して、テレビの画面では絶対実現できない超大作主義に走ったこと。 佐藤正明『陽はまた昇る 映像メディアの世紀』より引用
  • 今映っている超大作の西部劇が途中で切れたりおしになったりしたら、俺が一番さきに文句を言いたくなるだろう。 半村良『およね平吉時穴道行』より引用
  • ところが『ガラスの城』は超大作でなかなかイサドラに罰がくだらない。 姫野カオルコ『バカさゆえ…。』より引用
  • これは8時間もの超大作で、別に録音された説教と音楽を蓄音機で同時に再生していた。
  • 要するに、一九四四年とは、後になって超大作のオールスター戦争映画を作るための材料となるしかないような年なのである。 橋本治『二十世紀(上)』より引用
  • ハリウッドで製作する超大作映画みたいにファンタスティックな雰囲気のある夢だった。 桜坂洋『よくわかる現代魔法 第05巻 たったひとつじゃない冴えたやりかた』より引用
  • すぐに彼はいくつかの超大作と原画を残した。
  • これだけは『怪談バラバラ幽霊』の超大作ではなく、本当に大作だった。 牧場由美『オナニー交遊録』より引用
  • 本作はその決定版であり、超大作であった。
  • 超大作映画であるにもかかわらず、本作における戦闘の場面や兵器が登場する場面は、その大半が過去に上映された映画から使い回されている。
  • また日本から伊丹十三が当時としては珍しく米国の超大作に出演して日本軍将校柴五郎を演じている。
  • パリ近郊に巨大なパリのオープンセットを作った超大作であり、三部作中最もヒットを記録した。
  • 上映時間が2時間53分の超大作のため、ビデオソフトでは上下2巻セットで発売された。
  • 多くの映画人が超大作の製作に手を出して転落することが多い中、コーマンは今日に至るまで大きな失敗なく生き残っている。
  • 次へ »

超大作 の使われ方