超優良

14 の用例 (0.00 秒)
  • そして、いつの間にか世界の超優良会社にのし上がってしまった。 中川靖造『海軍技術研究所』より引用
  • それは嘘か本当かわからないけど、超優良の顧客を相手に、優雅に運営している店にはちがいなさそうだ。 西風隆介『神の系譜Ⅵ 竜の時間 神国』より引用
  • その目的は、親父おやっさんが重役を務めるちょう優良大企業だいきぎょうを乗っ取り、自分と仲間たちのものにしてしまうことだ。 香月日輪『妖怪アパートの幽雅な日常⑨』より引用
  • 超優良企業ちょうゆうりょうきぎょう重役である長谷の親父おやじさんには秘書が四人いて、うち二人が常に親父さんと一緒いっしょにいる。 香月日輪『妖怪アパートの幽雅な日常⑥』より引用
  • 数字を見る限り、トーハツは超優良会社ということになる。 佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(上)』より引用
  • トヨタは依然として日本一の超優良会社であることに変わりはないにしても、繁栄のピークは過ぎたともいえる。 佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(下)』より引用
  • 折からのアメリカにおけるITバブルの波にも乗り、1990年代後半にはエンロンは革新的でなおかつ安定した成長を続ける超優良企業としての名声を確立していった。
  • 出版当時、マッキンゼーのコンサルタントだった彼らが、「超優良企業」と見なしたいくつかの企業の共通項を抽出したところ、次のようになった。
  • 闇の紳士たちは日本一の超優良会社で、二兆円近い余裕資金を持っているトヨタどころか、大手の都市銀行にすら平気で持ちかける。 佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(下)』より引用
  • 年間購読料は前払いのため、同社は前受け金として会計処理し、実際の雑誌発行日までの間の長期信用銀行割引債購入などの金融収益だけで従業員の給与を支払い可能という超優良の財務体質を誇っていた。
  • モルガンの後ろ盾があるため、超優良株でもあった。
  • 代表著作「エクセレント・カンパニー」で彼と共著者ロバート・ウォーターマンが超優良企業の共通点として挙げた「顧客密着主義」や「単純な組織、小さな本社」などは、ITの普及によって物理的に基礎づけられて可視的なものとなり、単なる抽象論ではなくなってきた。
  • ちょう優良大企業だいきぎょうの重役で、オヤジどもから「カミソリ」とおそれられ、ヴァレンタインともなれば、自社中はもちろん、関連会社から取引先から銀座のおねーさんたちから、段ボールに何箱ものチョコが届くという、昔も今も変わらぬモテぶりらしい。 香月日輪『妖怪アパートの幽雅な日常⑦』より引用
  • 「職人のプライドを取り戻す」「社員が自ら考えて働ける楽しい現場」を目標に、「多品種微量生産」「当日出荷の即納体制」「自前の機械づくりによる安価な製造原価の実現」を徹底し、更に国際化を推進することによって差別化を計り、一介の鋳造業者であった鍋屋バイテックを超優良企業に変身させた。