超える大作

15 の用例 (0.00 秒)
  • 劇場公開版の時点で、上映時間3時間を超える大作だった。
  • 作品の中核をなす「音列練習曲」は50分を超える大作であり、この作品を完全に演奏できるのは世界でただ一人ニコラス・ハッジスしかいない。
  • なお、分冊予定であった作品を一冊に無理やりまとめてしまったために、今作は文庫リプレイ史上最も厚い540ページを超える大作となってしまっている。
  • 朱鼎臣本と世徳堂本の分量比較から類推して、全250則を超える大作だったと思われる。
  • アナログレコード2枚組トータルタイム70分を超える大作である。
  • その模様はライブアルバム『ライヴ・イヤーズ』に収録されているほか、後者は2011年のアルバム『フライ・フロム・ヒア』のタイトルトラックとして20分を超える大作へ大幅に改作された上で公式に発表された。
  • 作品自体のクオリティは、レッド・ツェッペリンの他のアルバムに劣るものではなく、とりわけ演奏時間10分を超える大作「アキレス最後の戦い」は彼らの代表曲である。
  • 最終トラック「超大作」は、そのタイトル通り、6つのパートから成る8分を超える大作である。
  • 「ウィ・キャン・フライ・フロム・ヒア」、「ライディング・ア・タイド」は2011年に発売されたフライ・フロム・ヒアのタイトルトラックとして20分を超える大作へ大幅に改作された上で公式に発表された。
  • CD音源でも7分を超える大作である。
  • この『草上の昼食』は縦4メートル、横6メートルを超える大作であったが、サロン出品の締切までに制作が追いつかなかった。
  • 画面のサイズは天地が30cm前後のものがもっとも多いが、『北野天神縁起』のように、天地が50cmを超える大作もある。
  • 表題曲「原子心母」はアナログA面を覆い尽くす23分を超える大作で、ストリングスやブラス・バンド、コーラス隊などを大胆に使った作品である。
  • ギュスターヴ・フロベールの小説『ボヴァリー夫人』を現代ポルトガルに置き換えてアグシティナ・ベッサ・ルイーシュが書いた小説をオリヴェイラが脚色、3時間を超える大作につくりあげた。
  • ステファンが脱退し、後任にダニ・ルブレを迎えて制作された2005年発表の『Keeper Of The Seven Keys - The Legacy』はベストメンバーによる集大成といった趣で、キャッチーでメロディアスな疾走曲や10分を超える大作、バラードなど盛り沢山な内容となっている。