赴く際

53 の用例 (0.00 秒)
  • 食事を終えてその日の政務に赴く際、一枚だけ白紙を折って懐に入れた。 冲方丁『光圀伝』より引用
  • トラックに赴く際には格納庫に物資を満載して倉庫として使用された。
  • 劇場へ赴く際にも書類仕事を持ってきていたので、そのためにあまり好意的には受け取られなかった。
  • 実際に現地に赴く際には前もって綿密な調査が必要である。
  • 義持との夫婦仲は良好で、義持が奈良や伊勢参詣に赴く際には同伴している。
  • 同惑星において、未だ機械帝国の残党勢力の支配下にある地球へ赴く際にも999号が運用されていたので、何らかの超法規的な判断が行われた可能性がある。
  • タイムは度胸の象徴であり、歌が書かれた時代、騎士達は戦いに赴く際に楯にタイムの像を付けた。
  • 作者自身や歴代の担当編集者がそのまま作中に登場し、取材に赴く際の道中や取材風景、取材を終えて帰路につくまでを描いているのも作品の特徴である。
  • 家康が会津征伐に赴く際に浜松において忠氏と共に歓待し、家康に従軍を求めた。
  • 地中海へ赴く際は、父に「演習に行く」と葉書を出し、それが絶筆となった。
  • しかしながら、時秋の生年などから、実際に義光が師事したのは時光、戦場に赴く際に別れたのは時元と一代ずつ前であり、またその場所も足柄山ではなく逢坂関であったとする説が現在では有力である。
  • 軍団が戦場に赴く際、毎日帰ってこられる適切な場所にカストラを建設しておくのが決まりだった。
  • また、この言葉には、「アメリカのインディアンが戦場に赴く際に呟いた」とされる逸話がある。
  • その傲慢さを示す逸話は数多くあり、封国の太原に赴く際には20年以上にわたって仕えた料理人に対して鞭で叩きまくるなどの拷問を行なったり、父の命令や法を平気で無視したりしたと伝わっている。
  • 中村氏のは中興の祖とされる中村常陸入道念西が奥州伊達に赴く際、源義経の遺児・経若とされる朝定に中村氏を継がせたとの記録が残っている。
  • 後三年の役で兄義家の救援に赴く際、時忠が逢坂山に別れを惜しみ帰らぬので、義光は名器を失うことを恐れて返し与えた。
  • また、保内で犯罪が発生した場合の犯罪者の告発と被害者の救済義務や保内の人が他の場所に赴く際や外部の人間を止宿させる場合には相互告知の義務を負うなど、民衆を公民として本貫に拘束するとともに相互監視や貢租確保のための規定が設けられていた。
  • 「指揮車」「指令車」の両方が存在する消防本部では、指揮隊が使用する車両を前者、署長や当務責任者が現場に赴く際の車両を後者としているようである。
  • 当主綱憲つなのりの一子喜平次が吉良家へ養嗣子として赴く際、望まれて附人つけびととして吉良家へ籍を移した。 池宮彰一郎『最後の忠臣蔵』より引用
  • ハートレスの討伐やワールドの調査といったミッションをサイクスから受領し、単独もしくはメンバーと組んで遂行するのが多くの機関メンバーの仕事なのだが、他のワールドへ赴く際には怪しまれないよう行動することを念頭に置く秘密主義に近いものがあったようである。
  • 次へ »